北朝鮮もビックリ!経済軍国主義の実態!過酷な弱肉強食や人口淘汰が当たり前!洗脳されない適者絶滅の不条理!—奴等は言う《洗脳されない奴は生きる価値なし!》

自己啓発セミナーでは、極限の状態に追い込むことで洗脳をかけいていきます。
真面目で無目的な人ほど、影響を受けやすいのが自己啓発セミナーの特徴です。

私は、以前「質問する」型の研修会社の自己啓発セミナーで、地下室に閉じ込められる4日を受けました。
4日で24万円でした。

そのワークの中で、2日目の夜に起こったことです。
たしかライフボートというワークでした。

ゲームを簡単に説明します。

あなたは船に乗っていたが、難破した。
このままだと船が遭難して沈没する、
救命ボートに乗れるのは、20人中、2人。
誰を選ぶのか?誰が選ばれるのか?

これをみんなで話し合って、救命ボートに残れる2名を見つけていくゲームです。

みんなでの話し合いとありますが、
このワークでは、投票システムが取られます。
「自分が生き残る必要」を全員にプレゼンします。
生き残る資格がある相手に、投票します。

しかし、札は一人あたり2枚しかありません。
さらに2枚投票すると、その場で溺れ死ぬという設定です。

投票するのもしないのも自由です。
投票する札が手元からなくなるとゲームオーバーで、助からないので海の中に沈む。
(現実には、しゃがんで横に倒れる)

このゲームを一言で、極限に置かれた状態でのストレスの我慢比べです。
意地でも生き残って主張できる人が生き残れます。

脱落するのは、2つ理由があります。
①自分よりも一生懸命に生きている人を応援したい(という逃避から来るもの)
②周りに流されやすい人

人生を変えて参加しているという人ほど、このゲームへの参加意識が高くなります。
一方で、なんとなく参加した人は、あまり考えていないので、①や②の理由で、脱落してしまうのです。

私は、自分がローンで契約したというのに、①と②の理由で、素晴らしいスピーチをした2名に札をわたしてしまい、沈んでいきました。
海の藻屑と消えました。

理由は素晴らしかったからです。

すると、この沈没した瞬間、トレーナーから罵倒されます。

「あんた、生きたかったんじゃないのか!?」
「そんな中途半端な気持ちで参加するんじゃない!」

と2〜3分、罵られまくるのです。

自己啓発セミナーで睡眠時間が短く、メンタル的に参っている見としては、この罵倒はなかなか効きます。
自分が悪いことをしてしまったたような罪悪感を感じるのです。

そして、このゲームが終わった後は、反省文的なものを書くことになります。

そこではこのようなことを書いていました。
「今まで、一生懸命に生きていないことを恥らしく思いました。」
「命を粗末にして生きていました。」

しかし、このようなことを書くのは、自己啓発セミナーの考え方に同調して迎合することによって、洗脳を受け入れやすいことにつながっていく危険な行為です。

人工的なプログラミングです。
洗脳にかかりやすい状況にしやすくなっていきます。

計4日あるプログラムの中で、洗脳しやすいように卵の殻を割る行為です。
洗脳を入れやすくなるプログラミングは、また別の機会にお伝えします。

もしあなたや恋人が自己啓発セミナーにハマっているなら、このような視点で見てみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次