一流の人に学ぶ 自分の磨き方(スティーブ・シーボルド)

もしあなたがモチベーションが下がっていれば、自己啓発としておすすめの良書です。
普通の人が一流になるために必要な思考、習慣、哲学を紹介されています。

本が苦手な方でも読みやすく要点がまとまっていて、何を行動するべきかが分かります。

一流と二流の紙一重の差が端的にまとめられており、自分の振る舞いを見直すきっかけになりました。
自己啓発の重点が一流と二流を比較して箇条書きに解説を添える形で書かれています。

騙された私は、2流でした。
なぜ失敗してしまったのかを振り返ると、考え方もマインドも2流だったからです。

反省した上で、「1流の極意」を会得しなければ、後はないと思い読みました。

個人の力が収入に反映される時代

組織に所属していれば将来安泰の時代は過ぎ去り、そんな時代に生きる者にとって、この書籍は金科玉条。胸に突き刺さる珠玉と、苦味の強い良薬がぎっしり詰め込まれている。効くか効かないかは、読者の意識。そんな啓発を与えてくれます。

自己イメージ

・二流:他人と比較して劣等感を抱く。
・一流:自分がどの分野でどのように能力を発揮できるか考える。

プレッシャー

二流:負けることを恐れて落ち着きを失う。
一流:「これは生死に関わることではない」として不安をコントロールする

視点

二流:過去にとらわれて被害者意識を持つ。
一流:後悔して悲嘆にくれている暇はないと考えて現在と未来に焦点を当てる

アイデア

二流:複雑なことほど価値がある。
一流:単純化して道理をはっきりさせようとする

意思決定

二流:他人の意見と行動に頼る。
一流:他人の意見と行動を参考にしながら、最終的に自分を頼る。

目標

二流:念頭に目標を設定し、翌年までそのまま。
一流:毎日のように目標を振り返る。
一流の人になるには?

最新情報をチェックしよう!