アフィリエイト広告屋の終焉の告発。詐欺的な日本型プロダクトローンチは危機的な状況

日本的なプロダクトローンチの方法は終わっていて、業界が腐っているので告発します。
そして、このキャンペーンに大手のWEB制作会社も加担しているのが日本の闇です。

こんな甘い言葉の広告を見かけたことはありませんか?

・1クリックで毎月30万円稼げます。
・この方法で●億円稼げます。
・未経験、お金なし、スキル無しでもOK

広告をクリックすると、メールアドレスを入力する画面が現れます。
そしてメールアドレスを入力すると4日かけて、動画が送られ続けるのです。

どの動画の中で語られているのは一般的に4つの流れです。

①この方法は画期的な方法であり、確実にお金を稼げることを語る動画
②この方法に取り組まないとあなたが損するかを語る動画
③受講生や実践者の声の動画
④キャンペーンの案内(あなたが参加すれば、全力でサポートする)

この④の動画を見終わると、20〜30万円の案内のページが送られてきます。
しかも、7日限定の価格でこの時期に申し込まないと2度とこの価格では受けられない。

その後も7日間を迎えるまでに、メールに何度も不安を煽るようなメールを送りつけてこられるのです。

この方法は、日本型プロダクト・ローンチと呼ばれています。
本家のプロダクト・ローンチは異なり、催眠商法のような販売方法です。

この裏側を暴露します。

この方法では、まずメールアドレスを集めます。
短期間でメールアドレスは集まらないので、メールアドレスを持っているアフィリエイターと呼ばれる人に声をかけます。

そこでこのような契約が取り交わされます。
アフィリエイター専用のホームページを用意します。
アフィリエイターは、このホームページをとにかく多くの人が見られるように拡散してください。
御礼として、このホームページにメールアドレスが登録されたら、1000〜2000円の現金をプレゼントするので、頑張って声をかけてください。

そして、アフィリエイターはこのホームページをばらまくのです。

一般的にアフィリエイト広告では400〜4000万円のプロモーションをかけて、メールアドレスを1000〜10000リストを集めます。

この集めたメールアドレスにメールをスパムのように送り付け、動画を見せて、
相手に必要か、不必要は関係なく、煽って売りまくる方法です。

これは大手の日本型プロダクトローンチの関係者と話して聞いたリーク情報です。
アフィリエイターを使って、広告を売ってどれくらい上手く言っているのですか?と聞いたところ

・4割は成功(大きな儲け)
・4割はとんとん(原価割れを起こしていない)
・2割は失敗(原価割れ)
ということです。

時間もお金もかけたのに、マイナスということもあるとのことです。
ただし、ここで許せないのは、詐欺的なキャンペーンを売って、不必要な人に売っていく手法です。

煽られて、冷静な判断もできないのと、分割支払ができるということでついつい契約してしまうのです。

この日本型プロダクトローンチは、googleやyahooから問題視され、嫌われ、
さらにfacebookからも問題視されているのです。

そして、昨年は仮想通貨で数億円の売上を上げたプロダクトローンチが国から詐欺認定されて、集団訴訟になっています。
これから、このような詐欺の手法は、告発されていきます。

あなたが販売者であるならこの方法は今すぐ辞めたほうがいいでしょう。
そして、あなたが買う可能性があるのであれば、今すぐこのような教材を買うことを辞めてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次