現代日本人の半数以上はアウストラロピテクスに向かっているのか?!

アウストラロピテクスは、ヒト科に属する化石人類の一属であり、約400万年前から200万年前までの間、アフリカに生息していたと考えられています。

アウストラロピテクスは、現在のヒトとは異なる形態を持っており、特に頭蓋骨や歯の形状が異なっています。

彼らは、直立二足歩行をすることができたことが知られており、ヒトが進化する上で重要な役割を果たしたと考えられています。

アウストラロピテクスにはいくつかの種が知られており、最も有名なのはアウストラロピテクス・アファレンシスであり、ルーシーという愛称で知られています。

他にも、アウストラロピテクス・アフリカヌスやアウストラロピテクス・セディバなどが知られています。

目次

AIのデジタル全盛の時代に入って、何が欠けていっているのか?

デジタル機器のメディアから来る情報過多と共に、人々は思考する時間がドンドン減っています。
また手書きをする人達もドンドン減っています。

デジタルは便利なツールである一方、進化のベクトルを逆方向にする危険性もあるのです。

デジタル技術は、情報にアクセスすることを容易にし、私たちに無数の情報を提供しています。
しかし、この情報過多は、ストレスや混乱を引き起こすことがあります。

デジタル技術の長時間の使用は、目の疲れ、肩こり、頭痛、手首や指の痛みなどの健康上の問題を引き起こすことがあります。

また、ソーシャルメディアの使用によるストレスや不安の増加も報告されています。

ソーシャルメディアの使用は、人々のコミュニケーションの方法に大きな変化をもたらしました。
しかし、これらのプラットフォームの使用は、人々のリアルな人間関係を悪化させることがあります。

ハッキングやフィッシングなどのサイバー犯罪は、デジタル技術の使用に伴うリスクです。
これらの攻撃によって、個人情報、財務情報、知的財産、そして企業の機密情報が盗まれる可能性があります。

デジタル技術は、私たちのプライバシーを侵害することができます。オンラインでの活動は、私たちの個人情報を収集することができます。

この情報は、悪意のある人々によって悪用される可能性があります。

デジタル技術の使用には、健康や社会的関係に悪影響を与える可能性があり、長時間のスクリーン時間やソーシャルメディアの使用は、ストレスや不安を引き起こし、また、人間関係の薄れやコミュニケーションの欠如など、社会的影響も懸念されています。

人間が現在誤解していることは、デジタル技術は私たちの能力を向上させる可能性があると錯覚していることです。

たとえば、情報を簡単にアクセスできるようになったことで、私たちはより効率的に問題を解決できるようになりました。

そして、デジタル技術は、コミュニケーションやコラボレーションの方法を向上させ、より広範な知識を共有することができるようになりました。

しかしこれは、私達の個人が自分の意思によってもたらされていないことを自覚しながら、使っていく必要があることを、あなたは気がついていますか?

人間個人の能力が、オートメーションの便利さによって無思考の思考停止に陥る怖さを想定内に入れておくことが、100%必要!

あなたはアルゴリズムの歯車になることで、進化した気分を味わっているに過ぎません。

すべてをデジタルに依存することは、デジタルのアルゴリズムにあなたの脳を同化させてしまうことです。

一見、これが進化のように感じられるかもしれません。

しかし、人間の思考力から生み出される意思は、デジタルの演算処理から弾きだされる決定と根本的に違うものです。

アナログの延長にデジタルが加わることで、初めて道具とは意味を成していく物なのです。

どんなに人工知能が発達しようが、それは二進法による演算処理の世界であり、それは人類の思考意思とは違うことを、これからもっと意識しながら生きていかなければ、あなたは奴隷以下の、豚や犬など家畜以下の、とんでもない下層階級での生き方が待っていることでしょうね。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次