成功法則とは、単に「失敗法則の反対のこと」なのだ!

こうすれば、必ずうまく行かない、というセオリーがあります。

失敗者はすぐにあきらめてしまう、勝利者は断じて諦めない、などです。

人は、生まれてから死ぬまで、人生は挑戦の連続であるから、諦めなければ必ず成功する、とはよく言われます。

「ギリシャの雨乞い」って有名ですよね。

「雨が降るまで雨乞いをすれば、100%雨が降る!」というものです。

失敗とは、完全に勝利を収めないうちに、挑戦を克服し続けるよう強いられている訓練みたいなもので、こうした挑戦を克服して勝利を収めた人を成功者と呼んでいるに過ぎません。

当然、成功者には、人生は豊かな恩恵と強い力で報いるという当然の結果が待っています。

目次

成功哲学とは、言語の論理構造を示しただけのものに過ぎない!

人間の誤りや、一時的な見当違いを、それをあるがままのものとして受け入れることを努力と呼びます。

「その努力を続けるなら、宇宙は寛大に許してくれる。
けれども、辛い道のりだからと投げ出してしまうと、これは罪とみなされ、決して許されない。」

いわゆる本当の失敗者、そして敗北者になるということです。

勝利者は断じてあきらめないのだから、あきらめるものに勝利はない。

ここまで見てくると、成功哲学って言語の論理構造のお勉強だって気がつくと思います。

言語の論理構造が見えてくるということは、頭がめちゃくちゃ良くなっているということ!

成功哲学と言語の論理構造が見えてくると、成功とは失敗者の反対をすれば良いだけだと分かってきます。

「失敗者は必ず失敗した者を笑い者にする!」

とか、

「失敗者は、挑戦という行動をほとんどしない!」

とか

「失敗者は、挑戦の失敗と言う試練を恐れて、すぐに諦めてしまう!」

とかです。

これらの正反対のことをすれば、あなたはすぐに、かならず成功できるということです。

自分が洗脳されている事に早く気がついた者だけが、成功できるという真実!

自分が使う言葉の表現をメタ認知して、その言語構造を分析してみましょう!
知らず知らずに使っている言葉の表現や使い方が、あなたの本質です。

それは無意識下まで誰かに、そして自分自身によって洗脳された言語だと言えます。
その洗脳された言語構造を変えない限り決して成功などできません。

最も阻害しているものが洗脳言語だと分かった時から、あなたはアルケミアン・ストリートを歩く事になるのです。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次