些細な内部情報も絶対に外部に漏らしてはならない、マーケティング生娘シャブ漬け戦略

「生娘シャブ漬け戦略」とは、マーケティングの手法の一つで、新しい商品やサービスを、まずは一部のターゲット層に提供し、その反応や意見を収集して改善を重ねた上で、より広い層に展開する戦略のことを指します。

「生娘シャブ漬け戦略」という言葉は、かつて「生牡蠣シャブ漬け」という商品を提供していた居酒屋チェーンが、この戦略を用いて大きな成功を収めたことに由来します。

この居酒屋チェーンは、まずは牡蠣好きのターゲット層に「生牡蠣シャブ漬け」という新しいメニューを提供し、その反応を受けてメニューの改善や調整を行いながら、より広い層に展開していきました。

このような戦略は、新しい商品やサービスを導入するときに、失敗のリスクを最小限に抑えながら、市場や消費者の反応を確認し、改善を繰り返しながら成功へと導くことができます。

また、ターゲット層には、新しい商品やサービスについて積極的なフィードバックを提供してもらうことができ、商品やサービスの改善につながることもあります。

目次

マスコミの情報番組で垂れ流すニュースは、事実と全く異なる場合が多い!

私は陰謀論が大嫌いですが、マスコミが過剰に、個人のほんのちょっとした粗相を責め立てる風潮には辟易します。

日本のマスメディアは、本当の真実とはかけ離れた情報を流す事が多いのは明白な事実です!

SNSの誹謗中傷の大元を作っているのは結局マスメディアなのです。

これは記憶にある方も多い話です。
早稲田大学の社会人向け講座である「デジタル時代のマーケティング総合講座」での話です。

講義担当をしていた牛丼チェーン「吉野家」の伊東正明常務取締役企画本部長(当時)が「若い女性をターゲットにしたマーケティング施策」について講義した際に、この表現を使ってしまい、大騒動となり炎上しました。

マーケティング畑に精通していたので、マーケティングの外の世界の一般表現を忘れていたのでしょうね。

内部機密情報とまでは思いませんが、戦略上の表現は一般の言語感覚には受け入れられないことを、彼の失敗で学ぶことができました。

心から感謝と敬意をもって伊藤正明氏から学ぶことができます。
ありがとうございました。

「経営上層部の言語」と「一般消費者の言語感覚」の差異は、政治でいうと「永田町の論理」と「一般大衆の感情」くらい隔たりがあることを忘れてはならない!

早稲田大学という一流の大学での、しかも社会人向けの講座だったので、一般消費者の言語感覚を俯瞰して言葉の真意を汲み取れる人達の集まりだと想定していたのでしょうが、現実の日本社会の読解力の低下を甘く見ていたようです。

だから、もうマーケティングの真髄なんか、絶対に大学ですら学ぶことはできません!

「生娘シャブ漬け戦略」という言葉は、かつて「生牡蠣シャブ漬け」という商品を提供していた居酒屋チェーンが、この戦略を用いて大きな成功を収めたことに由来するっていう歴史的な背景を説明しなければならなかった、、、。

マーケティングはあくまでも知性の強者がやらないといけないので、誰も彼もが理解できる学問ではありません。

もはやあれくらいの、マーケッターにとっては一般と思えわれているマーケティング用語も、機密情報として扱わなければいけない時代なんです。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次