「論語と算盤から、英語とAIへ!」現代グローバル・ビジネスで必要なものとは?!

はじめに言わなければならないことは、論語や算盤を否定してはならないということです。

英語で読解できると、英語圏の「論語に当たる書物の知識」がダイレクトに読めます。

つまり、世界中の古今東西あらゆる成功哲学や、自己啓発や、戦略思考が、発信者のダイレクトメッセージとして入ってきます。

論語も、英語で読むと、日本語での翻訳とは、何か違うことに気づけます。

視点が同じでないことに気がつけるのです。

論語 (Rongo) は、英語では “Analects” と翻訳されます。

または、 “Analects of Confucius” といいます。

“analects”は、中国の古典哲学書である「論語」の英語訳であり、その意味は「選択された抜粋」や「断章取義」といったものです。

短い引用や断片的な言葉の集まりを指す言葉なんです。

“Confucius”は論語の中心的な人物である孔子の英語名です。

つまり、論語には孔子の言行録が収められており、その中から重要な箇所が抜粋され、編纂されたという意味合いが含まれています。

目次

論語に書かれていることは、聖書や西洋哲学にも似たような事が満載している驚くべき真実!


論語は、中国の儒家哲学の基本的な経典の1つであり、中国の伝統的な価値観や倫理観を示す文章が記載されています。

この経典は、孔子自身の言葉や彼の弟子たちの言葉を通じて、人々に教えを説いています。

論語は、中国の伝統的な価値観と倫理観を反映した経典であり、中国語の表現が非常に独特であるため、英語で理解することは非常に難しいかもしれません。

しかし、論語の理念を理解することは、中国文化や思想をより深く理解するために重要です。

英語は世界で最も多く、他言語を翻訳されている言語である!

日本語と英語が聴けて読めると、多角的視点で物事を見る能力が極限に引き伸ばされます。

論語を肯定しながら、英語で自分の情報知識を累乗で広げていく時代に入ったということです。

論語には、多くの教訓が含まれていますが、以下に代表的なものを紹介します。

  • 仁愛:人々を思いやり、優しく接することが大切である。
  • 礼儀:社会的な規範に従い、他人を尊重することが大切である。
  • 誠実:誠実であることが、人々から信頼されるための重要な条件である。
  • 知識:学問を修め、知識を得ることが、人々の尊敬を得るための基盤である。

AI時代に最も必要な知性は道徳や倫理や教養などのアナログ的な古臭いもの!

論語は、中国の儒家哲学の基本的な経典であり、中国の伝統的な価値観や倫理観を示す文章が記載されています。

論語を英語で理解するためには、論語の文体と語彙、主題、解釈などに注意を払うことが大切です。

また、論語を英語で読むための参考文献も多数存在しています。
論語を英語で理解することで、中国文化どころか世界中のや思想をより深く理解することができます。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次