石川あゆみさんと今瀧健登さんから学ぶZ世代のマーケティングと消費

目次

マーケティングの本質はいつの時代も同じです。

マスマーケティングとは、一気に認知を広げる活動です。TikTokなどのインフルエンサーはターゲットを特化するよりも広く浅いほうが広がります。

今瀧健登さんのZ世代のマーケティングの分析

今瀧健登氏
TikTokはコンテンツさえ面白ければフォロワー数に関係なくバズらせることが可能な、コンテンツファーストなプラットフォームであることが魅力。日本でも既にショート動画へのシフトが起こっていますが、今後は中国と同じくより加速していきそうですね。

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00683/00004/?n_cid=nbpnxr_twed_cms

今瀧健登さんによると「金魚すくい、花火、餅」 自分らしさ、金魚すくいとは、アイデンティティを大切にするZ世代で、多様化されているので個に刺さるメッセージを伝えていくことです。パーソナルを突き進めるとある時点で、マスに刺さるということです。そして流行はどんどん移り変わるので、ある瞬間に多くの人に目に止まり評価されることに繋がります。

石川あゆみさんによるZ世代の消費について分析

石川あゆみさんによると、Z世代の消費について分析では4つの特徴があるとの事。 ①体験消費 ②メリハリ消費 ③間違えたくない消費 ④応援消費とのことです。

①体験消費 とは、モノよりもコトに対しての消費意識が高くて、デジカメもイベントの時に、メルカリで買って、メルカリで売るなんてこともします。 ②メリハリ消費とは、一極集中で消費をするので、分散して使うことはないようです。③間違えたくない消費とは失敗したくないから、事前にSNSなどの口コミを含めて、情報を集めて買うということです。④応援消費とは、ただ応援したいからという理由で、ファングッズを買ったり投げ銭をするなどです。

TikTokはマーケティングに使えるのか?

TikTokがマスマーケティングに使えるかを考えた時に、テストマーケティングとしては使えますが、流行り廃りがあるためにより難易度が高いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次