youtubeやオンライン講座で動画を撮るときの注意点、機材と編集するもの

動画の内容を考える

  1. 企画
  2. 撮影(演者)
  3. 編集

企画で準備するもの

企画が肝になってきます。こちらの記事をご確認ください。

ファンを増やし無料広告にするためのyoutubeの動画の撮り方

撮影(演者)で準備するもの

①撮影機材

撮影機材は何がいい?ということですが、iPhoneで問題ありません。
映像は2つのバランスが大事です。スターウォーズの生みの親で、THXという映像サウンド・システムを作ったジョージ・ルーカスは、映像と音声のバランスを次のように言っています。

  • 映像の質:50%
  • 音声の質:50%

動画において、音声は50%も締めるのです。

カメラ

高画質なカメラですが、さきほども

マイク

iphoneの外付けのマイクもありますが、iphoneのデフォルトのマイクでも十分です。

②撮影する

チェックする

・外付けマイクを使う場合は、音声がきちんと入っているか?
・暗くなりすぎていないか?
・画角の収まりが良いか?
などをチェックしていきます。

編集で準備するもの

スマホでも十分です。

編集を楽に行うならPCのほうがおすすめです。

音楽をつけたい、不要なシーンを省きたい

macの場合は以下の順番でおすすめです。
・imovie(初級者〜上級者向け)
編集が楽です。変種では余分なものをカットしてきます。
「えー」とか「あー」とかを言っている部分を切っていきます。

・finalcut pro(上級者向け)

不要なシーンを省きたい、字幕をつけたい

・vrew
vrewはAIの音声波形を元に、テロップの文字化してくれます。
「えー」とか「あー」の部分も「?」で表示されますので非常に便利です。

おすすめ機材

おすすめのカメラとマイクセットです。

カメラ本体 zv-1

https://www.sony.jp/vlogcam/products/ZV-1/
※ソニーストアから購入すると、メーカー保証が3年になりお得です。

ワイヤレスマイク RODE ロード Wireless GO white ワイヤレスシステム

ワイヤレスのマイクシステムです。
・演者にマイク

・カメラのマイク端子
をワイヤレス(ブルートゥース)で飛ばすことが出来て、音声を鮮明に飛ばすことが可能です。

SDカード

128GBのものだと3〜4時間の撮影が可能です。

三脚(参考)

どんなものでもOkです。持ち運び性を重視するなら、少し値が張りますが、バッグに入るのでオススメです。
コンパクトで軽量で800gで通常の半分の重さサイズです。

さらに撮影を快適にするもの

一度に3つのバッテリーが充電できる充電器

付属のものは本体に接続する必要がありますが、こちらだと簡単に充電することができます。
●SHEAWA NP-BX1

zv-1の予備バッテリー

1時間ほどしか撮れないので、こちらの電池を追加購入されると便利です。
アマゾンの電池は海賊版の可能性があるので、ヨドバシカメラで購入すると安心して購入可能です。
https://www.yodobashi.com/product/100000001001540246/

最新情報をチェックしよう!