SNSやブログに出していい写真とダメなものの境界線を探る

SNSやブログで写真を掲載したい。
SNSやブログは、WEBマーケティングにおいて、とても便利ですよね。

SNSやブログに発信しやすい写真!

ただ、スマホにある写真を日記代わりにちょっとSNSに載せておく……ということはみなさんしてますよね。

しかし、実は「全ての写真は権利がある。」ということはご存じでしょうか?

勝手に写真を出したらダメ?!

え、自分のSNSには友達しか見ていないし、……誰にも迷惑かけないからいいじゃないの……。と思ってしまいますが「著作権」や「肖像権」の観点で、みだりに情報を出しては禁止されているのです。

しかし、友達に許可をもらった写真、どうすれば載せたいから載せたい。
ということであればこれらどうすればいいんでしょうか?

もし出しては行けない情報もあるんでしょうか。

そこで、SNSやブログについつい出してしまいそうなものをアップしました。

ついついSNSやブログに載せてしまいがちなものリスト

・ネットから拾ってきた写真
・友達やパーティーなどの他人が写っている写真
・自分で撮った風景写真
・セミナーで撮ったスライドの写真

SNSやブログに出していけないものは、「著作権」や「肖像権」という法律でで決まっているものがあります。
これで、どこからNGでどこからセーフなのか。その辺りを整理します。

例え、自分が良いと思っているものでも、基本的に、他人の著作物や、写っている写真の許可がない限りは掲載できません。
必ず、承諾を得た上で使用するようにしてください。
ブログをそのまま引用する場合もそうです。

著作権に関しては、制作したものは、許可がない限りは、掲載してはいけません。

この肖像権の法律で禁止しているというのは、プライバシーの保護の観点からダメということです。
iphoneで写真を撮影するのは、ありですが、ネットにアップロードすることを許可していない……というような場合はダメですね」

他人がやっているから、今まではOKだったからという理由ではダメです。
あくまで、インターネットでのモラルとマナーとルールを把握した上で、常識の範囲内で自分で判断して使用する。ということが大切なようです。

WEBで選ばれる写真の選び方とは?

最新情報をチェックしよう!