市場のリサーチ分析が収入を作る最短の近道とは?

あなたがデジタルメディアのインターネットで何かを発信する場合、必ず「しなければならないこと」があります。
それが、マーケティング・リサーチ分析です。

なぜなら、あなたの打ち出す商品が、「世の中に必要のないガラクタ製品」、もっときつい言い方をすれば、「市場のゴミ」になってしまう可能性を徹底的に排除する為です。

無料または低価格で、まずはマーケティング・リサーチだけをすることが肝心です。

そしてそのリサーチ結果を徹底的に分析すれば、莫大なコストを限りなく¥0の近づけることが可能です。

入り口のマーケティング・リサーチ分析で行うことは4点のみです。

1.市場がどのようなことで悩んでいるのか?市場の心理が抱えているストレス、フラストレーションとは何か?

2.その市場は、本当に需要があるもので、お客さん(お金を払って購入する人)が存在するのか?

3.実際に反応をとるための発信行動を取る。

4.返ってくるそれらからの反応を分析する。

この4つの事が基本中の基本になります。

「市場がどのようなことで悩んでいるのか?ストレス、フラストレーションとは?」

最も大切な事は、市場に潜むお客さんの心の声を聞いていくことです。

・ネット検索で不満や不安などのネガティブな意見を聴き、理由を探る。
(yahoo知恵袋、ブログ、リアルタイム検索)

yahoo知恵袋では、匿名の質問回答サイトです。
匿名で質問すると、多くの人が匿名で回答する、ネット上の井戸端会議です。

様々な市場の悩みを調べることが可能です。

「離婚 旦那」と検索して、閲覧数の多い順番で見ていくと、多くの人が共感している悩みを知ることができます。
またそれに対する答えも市場の声を表します。
フラストレーションや葛藤の発生が見える場所です。

ブログでも市場の悩みを調べることができます。

ブログでは、日記に近いものであればあるほど、リサーチに役立ちます。
限りなく実際に近い潜在的な悩みを調べることが可能です。

これが何かの商売をしている人であれば、良く分かっている事です。

実は、日記の要素がないものは、解決策ばかりが提示されています。しかし、それらは、その本人が何を求めているかが隠されてしまっているのです。

つまり、ウンチク評論ルサンチマンと呼ばれる、その人があなたに評価されたいという「承認の欲求の塊」ブログなのです。

ですから、リサーチする時は、必ず本人の切実で赤裸々な悩みや問題点が多く書かれた愚痴っぽいブログを探しましょう!

ウンチク評論ルサンチマンのエセ・コンサルティングのブログは役にたちません。

更に高度なリサーチ方法になると、twitterでリアルタイム検索というものがあります。

リアルタイム検索では、市場の悩みをリサーチすることが可能なのです。

日本人の全員のtwitterを、フォーカスされたキーワードを使って覗き見することが可能なのです。(※しかし、鍵がついてないいものに限ります。詳しくは講座の中で説明しています。)

簡単に説明すると、例えば、電車の遅延状況を調べるのに「●●線 遅延」で調べると、その2語でつぶやいている人の内容を知ることができます。

あなたも試しに「離婚 旦那」で検索してみて下さい。
いろんな愚痴やストレス、フラストレーションを見ることができます。

・あなたのライバルのSNSの投稿に対するフォロワーの反応は?彼等は普段どのような活動をしているのか?

あなたのライバルのSNSの投稿ですら、とても参考になります。
facebookやtiwtterで情報配信している講師業の先生などの投稿を見て下さい。そして、どのような人が生徒なのかが一発でわかってしまう必殺技です。

しかし、これらのことは、面白くてスリリングです。
そのために時間を使いすぎないようにしてください。
単なる遊びでやるネットサーフィンにならないように注意しましょう!

次に重要な問いかけです。

「その市場は、本当に需要として在るもので、お客さんが本当に存在するのか?」

あなたは市場に対して、2つの重要な行動をとる必要があります。

・インターネットで検索してライバルを徹底的にリサーチする。

・他社の広告媒体を見る。

この2つをを必ずやってください。

世の中にはあなたと同じような事を考える、多くの人がいます。
同じような事を考える人は山ほどいるのです。
あなたと、それらのほとんどの人の間には、大した能力差はありません。

市場の鍵の穴を見つけ、その鍵穴に差し込む鍵を見つけた人が大金持ちになれるのです。

3.実際に反応をとるための行動を取る。

市場がどのようなことで悩んでいるのか?ストレス、フラストレーションとは?

その市場は、本当に需要があるもので、お客さんが存在するのか?

これらの事が済んだら、実際に反応をとるための行動に移りましょう。

・SNSを作って、呟いて反応を見る。

・セミナー掲載サイトに出してみて反応を見る。

・知り合いと知り合いの知り合いにモニターとして参加してもらう。

4.返ってくる反応を分析する

実際に行動したら、必ず反応を分析しましょう。

「何人が来て、何に興味を追って、どんな行動をしたのか?」

SNS、ホームページには様々な分析するツールががあります。

twitterであれば、アクセス解析機能があり、ホームページであも、アクセス解析やヒートマップで分析することができます。

実はネットでは無料で使えるものがほとんどなのです。
ぜひ、これらのツールを使ってみてください。

費用対効果が最大限になる投資とはなんだと思われますか?

¥0円を¥1億円に変える唯一の投資とは?

それがマーケティング・リサーチ分析なのです。

あなたにとって我々は、超一流のマーケティングリサーチ・アナリストです。

更にもっと具体的に詳しいやり方や、確実なノウハウを知りたい方は、是非こちらの講座から学んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次