オッカムの剃刀とは

会議や議論が「木を見て森を見ず」の状態になってしまっていることありませんか?
「細かいところ」を話しすぎて議論が進まないなどが起きます。
企画や計画などで、話がなかなかまとまらなくなります。

極端にいうとスマートフォンを企画設計するのに
・目を悪くする人がいると良くない
・子供が有害サイトを見て、犯罪に巻き込まれる
など関係ない話を仮定するようなことが起きてきます。

オッカムの剃刀とは?

哲学者でもあった、オッカム村出身のウィリアムが提唱したもので、シンプルなものこそが望ましいという原則です。

「Simple is Best」

余分な装飾も飾りも複雑な説明もいらない。
シンプルに徹するための思考法です。

他にも「神は細部に宿る」や「KISSの法則(馬鹿と思われるほどシンプルに仕上げろ)」という言葉が生まれています。

「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」

これは、「仮定」を増やしすぎることで議論を迷わないようにすることです。
仮定を絞ることで、議論が明確になります。

iPodにもオッカムの剃刀が使われている

オッカムの剃刀で生まれたのがiPhoneです。
ソニーのウォークマンをベースに改善されています。

●事実:
子供からお年寄りまでも誰も使いやすい音楽プレーヤーを作ろう。

●仮定:
「たくさんボタンはいらないよね」
「スティック型の機械は要らないよね、本体についていれば」
「ボタンは大きいほうがポケットの中にあれば操作しやすいよね」

違うパズルのピースを持ってきたらパズルは完成しない

オッカムの剃刀とは、つまり「パズルを完成させるのに他のパズルのピースを持ってきてはいけない」ということです。

パズルを完成させるのに、パズルの箱に入っているものだけで十分なのに、もしかしたらピースが足りないかもしれないと他のパズルのピースを持ってくるのは言語道断ですよね。

完成するまでの時間がかかってしまいます。
もしパズルのピースが足りないなら、後で考えればいいことです。

・パズルの端に足りないピースがああるが、額縁に飾るから気にならない。
・パズルを作っているメーカーに発注する。

などの対応を考えることが出来ます。

実際には、同じようなことが起きてしまいます。
関係ない「仮定」をひねり出して、無理やり打ち合わせに持ち込んできてしまいます。

起きた事実に対してだけ仮定を作る

妄想の仮定をたくさん増やすのではなく、実際に合った事実を元に、仮定を作る。

冬にスキー旅行を計画します。
その話し合いの時に
・もし地震が起きたら?
・もし台風が来たら
・温泉宿をヤクザが経営していたら?
・高速バスで事故が起きたら?
・高速バスでヤンキーが横に座ったら?
・スキーウェアをレンタル予約したお店に手違いで在庫切れがあったら?
と考え出すとキリがなくて、計画が進みません。

また考えて動こうとすると、手荷物も増えてしまいます。

これらは全て妄想だからです。
また仮定が多すぎるので、事実には当てはまらないことが多いです。

事実から必要な仮定だけをあぶり出す

実際にスキー旅行を行った経験を元にしたり、スキー旅行に行くメンバーから事実を確認することです。

・スキー場と温泉宿は近いほうがいいけど、実際はどう?
・初心者が多いけど、初心者コース横のレストランを休憩場所にしない?
などを仮定する方が効果的です。

結論はシンプルに考える

2つ以上の家庭がある場合、シンプルな仮定に絞ることです。

スキー旅行の場合
・誰もが楽できて便利な方法は?
→スキー板の宅急便を使う、ゲレンデ横のホテルを取る
・出発場所がバラけていると時間がかかる
→待ち合わせ場所を1箇所にしたほうが楽

テキスト
テキスト
最新情報をチェックしよう!