何が伝えたいか分からないと言われる人必見!会話とメッセージでは、情報だけではなく文脈を意識しろ!

  • 2021年6月16日
  • 2021年6月16日
  • 心理学

唐突ですが、「はしを作ってください」と聞いたときに何をイメージしますか?

前後の文脈が見えないと、何もイメージできません。
日本語では、「はし」は、「橋」、「箸」、「端」といろんなキーワードが連想されるからです。

この「はし」を前後の文脈によって解釈を変えています。

  • 村同士の交流を盛んにするために「橋」を作ってください。
  • 子供が食べにくいようです。「箸」を作ってください。
  • カメラで写真が収まりません。「端」を作ってください。

一文つけだだけで、全く捉え方は変わってきますよね?

メッセージは、インフォメーション(情報)とコンテクスト(文脈)に分かれる。

インフォメーションとは

一般的に情報と訳されます。いわゆる単語の羅列のようなものです。

コンテクストとは

一般的に文脈と訳されます。文脈により「脈絡」、「状況」、「前後関係」、「背景」 を把握することができます。

メッセージが伝わるには、インフォメーションとコンテクストの両方がいる

伝えるのが苦手な人は、インフォメーション(情報)を伝えようとしていることが多いです。

インフォメーションの会話

インフォメーションで会話するのは、単語の羅列したようなものになってしまい、相手に会話の意図や目的が伝わりません。最悪の場合、誤解を生みます。
そして、感情的になっている人は、インフォメーションだけの会話になりがちです。

インフォメーション+コンテクストの会話

思考で会話すると、相手に会話の意図や目的を伝えることができます。

コンテクスト力の上げ方

コンテクストを上げるには3つの「力」が必要です。

  • 読解能力
  • 文法力
  • 語彙力

日々これらを訓練することです。

読解能力とは

読解能力とは、相手が行っていることを読み取る力です。

文法力とは、主語+述語+目的語の使い方

文法力とは、主語+述語+目的語の使い方です。

語彙力とは

語彙力とは、難しいことを平たく言える力です。

思考する訓練法

デジタルツールであるITやWEBを使っていると、思考する力が失ってしまいます。
1日の間の少しの時間でも、デジタルから離れて、アナログであるノートを使って頭の整理をするとこれらの読解能力、文法力、語彙力の3つの力が上がっていきます。

最新情報をチェックしよう!