他の人とメッセージの切り口が同じだと競争にさらされて敗北する

塾や講座で学んだことを広告でもブログでも同じようなキャッチコピーやメッセージだと顧客から振り向いてもらえることはありません。

結局は以下の3つのどれかがあることで、二番煎じになってしまいます。

  • 知名度
  • 資本力
  • 発案者

他で買えるなら安く買いたいという心理になってしまいます。
市場で目新しさがなくなりありふれたものになることをコモディティ化と呼びますが、いつでもどこでも誰からを買えるとなると、安くて良いものの視点で見られてしまいます。
コモディティについてこちらの記事もご覧ください。

目次

コンテンツメイキングを作り独自のメッセージを打ち出す

コモディティから抜けるには、自分独自のメッセージで、市場にアピールすることが必要です。

  • 新規性
  • ニュース性
  • 独自性

新たにメッセージを作らないと他社や他人とかぶる理由

メッセージが同じだとマーケットの共食いが置きます。

  • プロダクトかぶり
  • コンテンツかぶり
  • マーケットかぶり

自分の優位性を打ち出すにはメッセージを打ち出すことが必要です。

①常に他社・他人との比較される

他社や他人がどうだったと比較をされるような発言をされることもあります。比較された上で、せっっかくマーケティングやセールスをしても、競合やライバルの「知名度」、「資本力」、「発案者」のところに顧客が流れて、美味しいところを持っていかれる羽目にもなります。

②価格競争に巻き込まれる

またコモディティ化を起こしていることで、価格競争に巻き込まれると値下げ交渉もされることになります。差別化するには安くしなければならず、結果的に利益が薄利になったり、値下げをしなくても特典を多くして労力が多くなったりとします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次