メールで煽りは不要。ビジネスやセールスで使える4つの要素とは?

  • 2020年11月30日
  • 2020年11月30日
  • 心理学

ビジネスは信頼関係を構築しなければいけないのに、なぜ電話やメールで煽る?その危険性をお伝えします。

一言の煽りが信頼関係を崩壊させる。

文章はナイフのように相手を切ることができるからこそ、文面には気をつける必要があります。
どんなに優れている人格者であれ、人間は感情の生き物です。
機嫌が悪い時などの心が乱れているときは返信を控えて気分転換するか、後回しにしましょう。

顔が見えない相手とのやりとりだからこそ、一度の文章により相手に傷を負わせると不快感を持たれる上に関係性は全て崩れてしまいます。

1.自分の感情を文面に載せないように気をつける。

人は思考と感情のバランスが崩れるとどちらかが優位になってしまいます。
その感情にのせて文章を打つと誤解を招いたりする原因になりがちです。

文面を打つときは、心を落ち着けて、リフレッシュしてから

もし返信しないと行けない場合は、後で返信する旨を伝えましょう。
また夜中に返信する場合は、メールを保存して翌朝に見返すなどを行いましょう。

2.対面は誤解を与えないようにバックアップという名の保険を作れる

もしメールの文面で相手に怒りを感じている場合、対面で伝えるようにしましょう。
今はZOOMというオンライン会議のシステムがあるので、相手の顔色を見ながら話すことで、自分の想いを伝えながらも理由を説明することができます。

相手の表情を見ながら、理性をコントロールできるので、誤解を与えることは下がるでしょう。

最新情報をチェックしよう!