【お金をゴミ箱に捨てない】効果を発揮するランディングページの作り方

ランディングページを制作するためには、何が必要でしょうか?

ほとんどのランディングがデザインが綺麗ごとばかりで「どうでもよすぎるランディング」が多いのです。

そして、ランディングページを頼むお客さんもすぐに綺麗なデザインを求める傾向が強いのです。
しかし、これも間違いです。

どこにでも似たようなキャッチコピーがあります。
ありふれたキャッチコピーを真似しても、誰も反応しないのです。

「またこの人は、騙そうとしている」

と思われていしまうからです。

そのためには、ランディングページを読んだ時に「役に立った」と思われなければ、ランディングの価値は0どころかマイナスになってしまいます。

最終的なゴールが何かを明確にする必要があります。

このランディングページはなぜ読まれなくてはいけないのか?

このまずを徹底的に考えることです。

ランディングページでデザイン性や見た目を気にするばかりであれば、あなたは、業者のかもになってしまうのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次