顧客教育にはブログが一番効果的です。

インターネットが始まってからホームページが一番最初に登場しました。そして簡易型ホームページとしてブログが誕生しました。歴史上一番長いのが、ホームページやブログです。

ブログを書く効用をお伝えします。

目次

なぜブログが普遍的な教育ツールなのか?

ブログが便利な理由

  • 低コストで世界中に発信できる
  • 最新の鮮度を保てる(更新やバージョンアップが簡単)
  • 顧客教育ができて、手順や考え方を伝えられる

①低コストで世界中に発信できる

インターネットが出てくるまでは、DMという郵便物を使う必要がありました。1回郵送するのに100円くらいのコストがかかります。一方で、ブログは無料ブログを使えば0円、またWordpressなどのサーバーを契約しても、1ヶ月1000円のサーバーを契約したら、後は書き放題です。

②最新の鮮度を保てる(更新やバージョンアップが簡単)

一度書いても、何度でも更新が可能です。チラシや紙媒体なら印刷するのにコストがかかりますし、もし間違いが見つかったら修正コストがかかってきます。同じブログのURLなら後で、修正や更新ができるので、最新の鮮度を保てます。

③手順や考え方を伝えられる

顧客教育ができます。あなたがお客さんに話した内容が10分かかったとしたら、毎回10分の時間が取られます。一方で、10分で伝えている内容を20分を書けて書いたブログは、 何度も同じURLを送ることで時間を節約することができます。

1人に10分の説明をしているとブログを書くことで

  • 10人に説明すると100分の時間の節約ができる(1時間40分)
  • 100人に説明すると1000分の時間の節約ができる(16時間40分)

極端ですが、このように時間の大幅な短縮をすることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次
閉じる