ブログを書きやすくする表示の切り替え方法(wordモードとプログラミングモード)

目次

WordPressのモードの切替

クラシックモードを使うと、Wordモード(ビジュアル)とプログラミングモード(テキスト)の違いがあります。

  • Wordモード<ビジュアルエディタ>
  • プログラミングモード<テキストエディタ>

どちらのモードでも書いても大丈夫です。2つの使い分けを把握しておくと便利です。

そもそもタグとは何?

タグとは、プログラミング言語のことです。タグの中身を<タグ名>と</タグ名>をサンドイッチすることで、様々な表示ができます。

タグを使うと文字をおしゃれに装飾できる

なぜタグを使うのでしょうか?それは、タグを使うと文字をおしゃれに装飾ができます。挟むと色をつけたり、大きさを変えたり、いろんな表現ができます。文字が単調ではなくなるので、見やすくなります。

プログラミングの裏側では

  • 表示画面:Wordモード
  • プログラミング言語:テキストエディタ

です。テキストエディタのプログラミング言語では、タグ言語と装飾言語があります。タグ言語は、装飾言語を読みことで、一括処理ができます。

タグ言語の装飾を変えたいと思えば、装飾言語の色を書き換えます。すると、一括で色を変えることができます。

Wordモード<ビジュアルエディタ>

初心者でもわかりやすいのがWordモード(ビジュアルエディタ)です。Wordと同じような感覚で使えます。まずはこちらで書き始めると良いでしょう。Wordモードのアイコンは、プログラミングモードの細かいタグと連動しています。

プログラミングモード<テキストエディタ>

中級者・上級者におすすめなのが、プログラミングモードです。タグを使って、プログラミングを打ち込むことができます。Wordモードの時に装飾がずれた場合に修正することができます。プログラミングモードの細かいタグは、Wordモードのアイコンと連動しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次