インターネット時代の新しいコミュニケーション方法

インターネットの新たな出現によって、電話は非効率なツールとなりました。

利害調整などを行う。コミュニケーションのとり方が変わった。あなたのコミュニケーションの方法が進化しないことは退化に繋がります。

言葉の力を磨き、意思疎通の能力を高めることです。

目次

話し言葉のプレゼンテーションは今後、価値が下がる。

求められているのは、短時間でできるコミュニケーション能力

インターネットの発展により、仕事は、情報もタスクも分割されてサイズが小さくなっています。必要な時に必要な物を取り出すことができるようになるのです。

打ち合わせは本当に必要なのか?

メール、チャットも発展して、テレワークが主流になるなか、打ち合わせは本当に必要でしょうか?オンライン会議システムもありますが、これも、「文字のコミュニケーションを取ることは記録ができる」ことにより、

書き言葉や動画にすることで、1:100人を相手することも可能です。

何度も繰り返しできるようになります。

話し言葉 VS 書き言葉

話し言葉は、発した瞬間に消えてしまうために、

聞いているようで聞いていない、また覚えていないことが多いです。

誰も聞いていないという前提に立つ必要があります。

言葉で語っても相手は理解せずに、わかっていると思うことは妄想に近いです。

人は、

  • 覚えていない
  • 聞いていない
  • 忘れる

という生き物だからです。

時間を多大に費やしても、相手が受け取れる価値は非常に少ないです。

話し言葉で世界最大の国を作ったのが、チンギス・ハーンです。

彼の有名な逸話があります。不都合な情報や間違った情報を伝搬するとその瞬間にスパイ的な相手を混乱に陥ることになってしまうのです。

また伝言ゲームのように間違ったまま伝搬されることもあります。

しかし、今、そのモンゴルは、力を失ってしまいました。話し言葉で有効なことは、その場でフィードバックができるので、逃げ道を全て閉ざすことができるということです。

聞く人によって、情報を受け取るレセプターが異なるので、違った捉え方をされることがあります。レセプターは、環境や教育によって変わります。

書き言葉で書かれた文字を読み上げる話し言葉を加えると、相手はより質問もしやすくなります。さらに、話し言葉の文字に図解化した資料を入れておくと、相手の理解度は更に深まります。

書き言葉では不十分のために、ミスコミュニケーションが生まれてしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次