DX化では自動化ができない。デジタルの恩恵を受けるための自動化への3ステップ

自動化したいという相談を受けますが、最初から自動化はできません。そこでデジタルの恩恵を受けながら自動化する3ステップを解説します。

目次

デジタル化の恩恵とは?

デジタル化の恩恵は次のとおりです。

  • 再利用できる
  • 自動化できる
  • 即時に反映できる

こちらの記事で詳しく解説しています。

このデジタル化の作用から自動化までの流れです。

まずは企画段階では一馬力で、デジタルを使うことで増殖することができ多馬力、そして自動化となり無限馬力になってきます。

  • ①企画(一馬力)
  • ②増殖(多馬力)
  • ③完全自動化(無限馬力)

自動化までの3ステップ

ビジネスにおける自動化までの3ステップ

STEP
企画(価値を考える、ビジネスモデル)

企画書段階です。企画したもの人を使って行うと人を雇う必要があり、労働集約型産業になってしまいます。そこで同時にビジネスモデルまでも考えていきます。

STEP
増殖(アプリ開発)

単純作業をエンジニアがアプリ開発をすれば、反復作業をAIやロボットができるようになります。

STEP
完全自動化(マーケティング)

開発したアプリを世の中に広げていきます。認知が広がると、アプリを使う人が増えて、完全な自動化できるようになります。

具体例:ウーバーイーツの場合

  • 企画(ウーバーイーツの企画を考えてビジネスモデルを作る)
  • 増殖(アプリを開発する)
  • 完全自動化(マーケティングによりアプリを使う人が増えてくると、再注文されるようになりユーザが増えていきます。)

マーケティングにおける自動化までの3ステップ

STEP
企画(LP、セミナー、研修)

LPを企画して、セミナーや講座を開催します。この場合は、一馬力で、身体が一つしかないので、なかなか大変です。

STEP
増殖(ブログ&メルマガ)

ブログを書くのは、自分の分身ができるからです。
なお、増殖させるにはストック化できるコンテンツです。

STEP
完全自動化(ステップメール、動画講座)

最後にうまく行った流れを自動化していきます。それがステップメールや動画講座などです。

具体例:セミナーの場合

  • 企画(セミナーや研修を企画してLPを作り、人を集めて自分でセミナーや研修する)
  • 増殖(ブログを使って、LPをばらまく)
  • 完全自動化(ステップメールや動画講座を作成して、完全自動化して自分が働かなくても収益が入る)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次