<パワポ 下手な人の特徴>読み上げるプレゼンはダサい。伝えるプレゼンを心がける

目次

悪いプレゼンはカンペの読み上げを行うからダサくなる

悪いプレゼンは自分が主役になろうとする

日本人のプレゼンスタイルと言えば、スライドに文字を書いてカンペのように順番に読み上げているだけです。自分が読むことに必死になり、聴衆者の視点が抜け落ちています。まるでその姿は壁に向かって独り言を言っているようです。

この姿はプレゼンと呼べずにまるで朗読です。政府の首脳が声明を朗読したり、謝罪会見の際に原稿を読み上げているようなもので心には一切響きません。自分が作った資料でも誰かが作った資料でも、ただ独り言を述べているようなものです。

  • 自己弁護、自分を守るように間違えて恥をかかないようにしている
  • 承認してもらうことにフォーカスがあたっている
  • 画面を見ながら言葉を発している

これらの様子は相手に伝わっており、聴衆者は飽きて、スマホをいじったり他のことをし始めたり、会場で話していると他のプレゼンを聞きに行ったりします。

良いプレゼンは即興で言葉が生まれるから相手に伝わる

良いプレゼンは相手を主役にしている

素晴らしいプレゼンは原稿があったとしても即興が混じっています。準備をしてきたという証明です。

  • 自分の守りを捨てて相手のためにエネルギー全開で伝えている
  • 相手に伝わり安さを徹底して言葉を磨いている
  • 相手の顔を見ながら、言葉を発している

これができるのは、物事を普段から考えているからです。緊張で原稿が飛んでも自分の思考した記憶を繋げて、言葉を紡ぎ出しているのです。

プレゼン力を磨くには普段から思考しておく

プレゼン力を上げるには普段から思考しておくことが必要です。思考力を上げたい人はこちらの記事もご覧ください。

あわせて読みたい
日本人の欠点は音読文化。高速の手書きにより能力を上げる海外のロジカルトレーニング 日本人は音読の文化と呼ばれています。手書きしないということは、分析や思考する際の弊害となります。そこで日本の音読によるヤバさと対応方法をまとめました。 【音読...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次
閉じる