コンサルティングと家庭教師の役割は違う

コンサルティング時に手取り足取り教えてくださいと言われる事が多いのです。手取り足取りを教えるのはコンサルティングではなくて、家庭教師に教えてもらうの方がおすすめです。

コンサルティング

コンサルティングは、顧客が悩める問題を発見して問題を解決していくことです。

コンサルティングの手法

STEP
講義を受ける

講義やPDFや動画などで概念や方法論を学びます。

STEP
課題をして提出する

講義を元にその課題を提出します。

STEP
フィードバックを受ける

コンサルタントは、課題を元に問題発見して問題解決に導いていきます。

STEP
実践する

フィードバックを受けたことを実践していきます。

家庭教師の役割

手取り足取りを教えてもらうのが家庭教師です。

パソコンの操作方法を教えてもらうのなら次のサービスがあります。

  • AVIVA
  • ストアカ
  • ココナラ

家庭教師の方法

STEP
教えて欲しいことを家庭教師に伝えます。

家庭教師に教えて欲しいことを伝えてください。

STEP
手取り足取りを実践します。

顧客ができるように手取り足取り教えていきます。

STEP
教えてもらったことを家に帰って実践します。

反復作業をしなければ、身につきません。

家庭教師から学ぶ以外の選択肢

家庭教師以外に学ぶことも可能です。これは安くできる方法です。自分である程度、ネットを使うリテラシーを高めておくか、または本を買って読みこなして読解しながら学んでいくことが求められます。

  • ブログを検索する▶無料で学べます。
  • YouTubeで検索する▶無料で学べます。
  • 本を買って読む▶安いコストで学べます。
目次

コンサルティングを頼みたいのか?家庭教師を頼みたいのか?

人それぞれ今いる現在地点が異なります。コンサルティングを頼みたいのか?、家庭教師を頼みたいのか?は目的を明確にしてからでなければ、不必要な買い物になってしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次
閉じる