<コロナ時代のメディア戦略>コンテンツメディアがないのは死を意味する理由とは?

コロナになってから、働き方が変わりました。どのようにこれからビジネスを考えていけばいいのでしょうか?

コロナになって、引きこもり体質になっている

外にアクティブに出ようという反面、回数を減らして、1回あたりの重みを重要にしています。
今まで対面型の営業だったのが、オンラインに切り替えたりしています。

対面を控える傾向にあるので、顧客側も敬遠して
・電話営業からの対面営業
・家に訪問する訪問販売
・セミナーからの対面販売
・展示会で販売する
などが避けられています。

今までのビジネスモデルはますます危うくなる

今までの対面型を取っていた営業スタイルはピンチになってきます。
「オンラインで情報収集して、判断して、購入を検討する」

言い換えると

従来が
・対面認知

・対面営業
だったのに対して、

・オンライン認知

・オンライン営業

・オンライン認知

・対面営業

でしか通用しなくなっています。

解決方法はオンラインのメディアを作っていくことです。

オンラインのメディアがないと「プロダクトが存在しない」のと同じ状態

今までは対面型の機会がないために、プロダクト(商品・サービス)を知る機会がありません。

コンテンツを作って自分の分身を作れる

コンテンツは自分の分身になります。
3分のブログを100人に読んでもらえると、300分の時間を節約できる。
つまり5時間を節約できるのです。

コンテンツメディアは、プロダクトを認知させる

コンテンツメディアを書くからこそ、プロダクトがあることが認識できます。

iPhoneの場合

・コンテンツ:スティーブ・ジョブズの商品説明会や顧客の口コミ
・プロダクト:iPhone
今でも有名なスティーブ・ジョブズ自身がプレゼンした商品説明会が有名です。
この商品説明会を見て、iPhoneを欲しくなった人が続出したのです。

ガラケーからスマホに切り替えた時を思いだしてみてください。
誰かが使っているのを見て、あなたも使いたくなったことはありませんか?
顧客の口コミも重要で、顧客がiPhoneを使うようになったのです。

オンラインメディアの3ステップ

  1. オンラインメディアの媒体の選択
  2. オンラインメディアのテーマ決め
  3. オンラインメディアでの発信

この3ステップで行っていきます。

①オンラインメディアの媒体の選択

まずはメディアを選択することです。
Google検索では、「知りたい」と「解決したい」のお悩みゴトとお困りゴトを持っている人が対象です。

知りたい

「知りたい」とは、用語の意味を知りたい、用語の使い方を知りたいなどです。
歯医者の審美を検索する人は、「歯を白くするにはどのような方法があるのか?」、「インプラントはどれくらいの値段で、どのように行うのか?」を知りたい人たちです。

解決したい

「解決したい」とは、お金を払ってでも解決したい人です。
歯医者で歯が痛い人は、「今すぐ虫歯を治したい」と今すぐ解決したい人です。

SNSの媒体選びはこちらの記事を御覧ください。

<コンテンツメディアで狙う場所>メディアは国籍!どこを狙いの的を絞るのか?

②オンラインメディアのテーマ決め

オンラインメディアで重要なのは、「テーマ決め」です。
テーマがあるからこそ、世界観が出てきます。
こちらの記事を御覧ください。
https://stickingpoint.jp/theme-sekaikan/

③オンラインメディアでの発信

後はメディアでどんどん発信していくことです。
どのオンラインメディアでも継続することが重要で、継続しているとどんど価値が高まってきます。

「物を作る」努力ではなく、「物の良さを伝える」努力をする

最新情報をチェックしよう!