<簡単テンプレート>5分で分かるビジネスでの企画書の作り方と書き方

企画書を書こうにも書けない。そもそも企画書って何と思っていました。
世の中にはたくさんの企画書テンプレートやがありほぼ全てで挫折してきました。

  • プレゼン用の企画書
  • マーケティングの企画書
  • セミナーを作る際の企画書

マーケティングでの企画書を作る場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。

関連記事

起業当初にマーケティングを知らない私は大きな間違いをしていました。 商品が良いと思って押し売りをしていました。 私は営業するたびに 「要らないです」 「今はいいです」 と断られていました。 それには大きな問題がありました[…]

セミナーの企画書を作る場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。

関連記事

セミナーの企画書や資料を作ってくれ!となった時、「無茶ぶりな。何をすればいいんだ?」となりませんか? 以前の私も同じ悩みでした。 いきなりパワーポイントでスライドを作ろうとすると真っ白になるし、作ったもののイマイチなんてことも。 […]

企画書を作るには相手を動かす視点に立つ

相手に動かすための企画の考え方

 

  • なぜそれを考えたのか?
  • なぜそう実行しようと思ったのか?
  • どのようなストーリーを描いていたのか?

企画を考える上での経緯を言葉にしていきます。

企画書の3つの視点

  1. なぜ問題点があるのか?
  2. 問題から起きる課題とは何か?
  3. 課題をどのように解決するのか?

①【問題】なぜ問題点はあるのか?

市場の問題点は?

どのような市場の問題があるのか?

例)
  • 少子高齢化
  • コロナ禍

業界の問題点は?

業界はどのような構造の問題を抱えているのか?

例)
  • 業界の慣習
  • 業界のルール

競合・ライバルの問題点は?

競合・ライバルがやっている問題点は?
例)

  • ビジネスモデル
  • キャッシュポイント
  • 集客導線
  • セールスの流れ

顧客の問題点は?

顧客はどのような問題点があるのか?

例)
  • 思い込み
  • 制約
  • 選択肢の幅

②【課題】問題から起きる課題とは何か?

課題を解決するための要素を探る。

例)
  • 障壁
  • 筋道
  • 提供方法

③【解決】課題をどのように解決するのか?

他ではできない解決方法を導く。

どのような差別化ができる?

コンセプト(企画)が差別化を生み出す。

差別化するには、思想が重要です。
思想とは、絶対に譲れないもので、ビジネスをする上での哲学です。

UVP(ユニーク・バリュー・プロポジション)

UVPとは独自の価値の提案

例)スターバックス

尊厳と威厳を尊重したコミュニティ形成

USP(ユニーク・セリング・プロポジション)

USPとは独自の価値の届け方の提案

例)スターバックス

コネクトを意識して接客する

最新情報をチェックしよう!