コミュニティビジネスで求められる要素とリーダーシップ

目次

トップのリーダーの資質で、コミュニティの質が変わってくる

中二病、高二病、大二病の人がトップのリーダーだとコミュニティは最悪です。

この記事も合わせてお読みください。

コミュニティビジネスで求められる要素

コミュニティへの参加理由は様々です。

  • メンター的に何かを教えて欲しい導いて欲しい(自分探し、自分磨き)
  • 出会いと繋がりが欲しい(思い出作り)
  • 自己表現したい、アウトプットしたい
  • 学びたい

コミュニティ作りのステップ

STEP
輪郭を作る

最初の3ヶ月

  • コアメンバー作り
  • コンセプト作り(価値と役立つコンテンツ作り)
  • 目的を決める(お金、人間関係、自分探し)
  • コミュニティの活性化(横の関係性を作る)
  • ルール作り
  • 各参加者へのフォローアップ
STEP
知人を呼び込む

4〜6ヶ月

  • 自発的に企画する
  • 知人を呼び込む
  • ウェルカム状態
  • 連れてきても安心
STEP
拡散する

7ヶ月目以降

  • 外に認知させる
  • 人数がいるから参加できる

インターネットで引力になるリーダーシップ制

共通要素のリーダーシップ

  • 向上心
  • 優しさ
  • フラット
  • 繋がり
  • 旬のネタ→アンケートからリサーチ

男性主体のリーダーシップ

  • 清潔感(イケメン)
  • 面白さ
  • 学びになる

女性主体のリーダーシップ

  • 落ち着いている(美人)
  • 励ましや元気になれる
  • 自分磨き

コミュニティが盛り上がる方法

  • オンラインとリアル(オフ会)の併用
  • 強制がない(楽しいから参加する)
  • 適度なゆるさと締め方
  • 参加者に話させる<参加者意識>

開催頻度

少し足りないくらいがよい時がよくて、どんどん頻度をあげていくことがおすすめです。

月に2〜3回の開催(1〜2時間)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次