知識サービス産業とは

目次

知識サービス産業とは

経済学者のジョセフ・スティグリッツ氏が来日中で、NHKの取材に応じていた。2001年に ノーベル経済学賞を受賞したジョセフスティグリッツ氏 世界銀行の上級副総裁などを歴任し、 行動する経済学者とも呼ばれます。

経済のグローバル化に警鐘を鳴らしながら、「先進国が製造業からサービス業に移行している」として、「日本は知識サービス産業へと転換する必要がある」と発言しました。

知識サービス産業の正しい定義はないのですが、知識集約型の産業で、労働集約型の反対の位置に属します。

知識サービス産業のビジネスモデル

このビジネスモデルの特徴はリスクを最小化してリターンを最大化することです。

知識サービス産業とは、労力を下げて、時間を生み出し、お金を生むビジネスモデル

成功例だけではなくて、失敗などの体験談も全て商品化できます。これをやったら上手くいくという方法はなく、失敗してやったら駄目な事例を取り上げることがとても重要です。上手く行かなかった方法をすることで上手くいく方法が見えてきます。

知識サービス産業の商品とは?

知識サービス産業の商品は、リテラシーを上げることが商品価値になります。知識の背景がセットになって商品としての価値が生まれます。

情報識別能力=騙されないためのリテラシーを上げること

資本主義社会では、騙す人がかならずいます。また作り手や売り手の知識不足で無自覚に騙している場合もあります。騙されることも失敗することも1つの勉強です。なぜなら人は騙されたり失敗しないいと勉強しないからです。

騙されるから勉強して、騙されないから勉強しない
失敗するから勉強する、失敗しないから勉強しない

勉強もビジネスも上手く行かない効果がない場合に、勉強するから効果が出る方法が生まれます。

また、これからの起業家は、労働集約型産業ではなく、知識サービス産業で起業家で起業することが求められます。マーケッターとエンジニアの両方を知る必要があります。

ストーリーテラーになる

ストーリーを組みたてられる人が、商品を販売できるスキルを身につけることができます。

知的サービス産業で売れるものとは?

リテラシーを利用したアドバイザリーサービスです。リテラシーは知識や知恵であり、それを理解するためにアドバイザリーサービスがあります。それを見える化したものが、パッケージです。

アドバイザリーサービスは相手が理解できるように合わせていくことです。

卵の関係で考えると次のとおりです。

  • リテラシー:卵の黄身
  • アドバイザリーサービス:卵の白身
  • パッケージ:卵の殻

物を買っても使いこなせない、宝の持ち腐れになる。それを解消するのが

ダイエットをしたいけど、痩せ方がわからない人

筋トレ器具を買っても使いこなせない、メルカリを使おうにもメルカリの使い方がわからない、ダイエットしようにもどんなダイエットでどんな進め方があるかがわからない。

そんな時にリテラシーを高める職業がアドバイザリーサポートの存在です。別名はコンサルタントやコーチだったりします。

筋トレ器具の場合は、筋トレ方法やタイミングなどをレクチャーします。メルカリの講師はメルカリの使い方や売れ筋の価格帯、出品方法をレクチャーします。ダイエットのトレーナーはカリフラワーライスを使った食事レシピやスマホに連動した体重計に毎日乗ってもらうような指導を行います。

知識サービス産業のコンテンツ制作方法とは

リテラシーを上げていくブログやYouTubeなどでリテラシーを上げていくことを発信することです。知識の背景セットで伝えるので、より勉強が必要な時代に入っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次