<ビジネスモデルワークシートの作成方法>自動化するための設計方法

ビジネスモデルワークシートの作り方です。
マーケティングで自動化したいという相談を受けますが、商品を販売する流れが出来ていないことがほとんどです。

商品の流れを整理したものが「ビジネスモデルワークシート」です。

こちらは次の記事を共に御覧ください。

  1. 商品メニューの設計
  2. ビジネスモデルワークシートの作成方法
  3. カスタマージャーニーマップの作成方法

このシートを作る理由は何を販売するかの流れを決めておくこと

売り込まないで買われる仕組みを考える

世界では、売り込みのセールスをする時代は終わりました。
売り込まない時代ではなく、買われる仕組みを作っていく時代です。

人は売り込みは嫌いだが、買うのは好き

「買うための選択肢」を提案することです。

あなたが服を買いに服屋に行った時に、不快感を感じたことはありませんか?
売り込みは拒否されるのですが、人は買い物は好きです。

ディズニーランドに行って、売り込まれなくても買ってしまう理由

ディズニーランドに行った時、ついつい売店でグッズやお土産を買ったことはありませんか?

ディズニーランドでは、売り込まれなくても買ってしまっています。
・買いやすい価格
・売り込まれない
・欲しくなる仕組み
があるからです。

セールスを一度に決めようとすると人は逃げる

初対面の人にセールスを行うことは非効率です。
相手が買わないと逃げられないと感じると、最悪の場合嫌われてしまいます。

次の関係性を作れないとせっかく顧客(1円でも払った人)を逃してしまいます。

小さい階段を登らせるマーケティングファネルで少しずつ買ってもらう

マーケティングファネルを設計する場合は、階段を登らせるように
相手をエスコートするようなものです。

買われる動線を設計する

事前に流れを整理するものです。

1度に商品をいくつも提案すると顧客は混乱します。多くて2つです。

提案してもしか買われなくても次の商品を用意しておけば、購入されるチャンスは増えます。

ビジネスモデルワークシートの手順

階段状に商品設計を行っていきます。

階段状に考えるステップ設計

無料(お取り商材)

手軽に買える(フロントエンド)

ちょっと手を出せば買える(ミドルエンド)

本気で取り組む(バックエンド)

4つのブロック設計
①マーケティング部分

マーケティングではアクセスを増やす設計です。
・ホームベージ
・ブログ
・SNS
・youtube

②セールス部分

セールスでは買ってもらう設計です。
無料、フロントエンド、ミドルエンド、バックエンドという流れを組んでいきます。

③一括購入

一括購入では、1回きりで、バックエンドやハイバックエンドを販売することができます。
収益が大きい一方で収益が安定しません。
バックエンドの購入後に「④継続購入」が出来るように流れを次の販売商品を決めておきましょう。

④継続購入

継続購入を狙っていきましょう。
継続購入があることで安定収入を得ることができます。
・オンラインサロン
・継続サービス

顧客をエスコートして、次に何を買えばいいかを提案する

あくまでもビジネスでは、顧客が主役です。
もし売りつけていれば、顧客からは信頼を失います。
必要かどうかは顧客自身が決めることです。
何を買っていいかを提案することで、導くことで、安心安全な環境を用意してください。

最新情報をチェックしよう!