ブログの投稿方法(中級)カテゴリーとタグを入れる

目次

カテゴリーとタグを入れる理由

カテゴリーとタグは、読者がブログを見つけやすくするために入れるためで、バインダーにはさむシオリの印のようなものです。全てを読むのではなく、印を入れることで記事にたどりやすくします。

カテゴリーとタグを設定する理由

  • Google検索でブログの1記事にたどり着いたユーザーは、1記事の内容の満足度が高いと他の記事も読みにいきます。
  • TOPページを見つけて訪問したユーザーは
  • リスト

ルーズリーフのバインダーに例える

読者とGoogleの2つの目線で入れる事が大事

なぜカテゴリーとタグを入れるかというと、読者とGoogleに認識されやすくするためです。

「ジャンルから絞り込む」カテゴリー:どんなジャンルのブログ?

読者目線では、カテゴリーから求めている記事に最短でたどり着けます。
ルーズリーフのバインダーを開く際に、カテゴリーから見ると必要なルーズリーフを絞り込むことができます。

Google目線では、このジャンルに強い記事と認識されやすくなります。
「マーケティング」、「心理学」、「WEB制作」のカテゴリーがあると、そのカテゴリーに強いブログと判断されます。

「キーワードから絞り込む」タグ:どんなキーワードに強い記事?

読者目線は、タグから求めている記事にたどり着けます。
一方でタグは、付箋のようにランダムに貼ることができます。「テストに出る」と付箋を書いていれば、そこだけをピックアップして読むことができます。

Google目線では、この「キーワード」に強い記事と認識されやすくなります。
より具体的なキーワードが入ります。「マーケティングファネル」、「NLP」、「コミュニケーション」、「セールストーク」のようなキーワードがあると、そのキーワード強い記事と判断されます。

カテゴリーの管理方法

カテゴリーは新しく追加することも削除することも簡単です。
言い換えると、カテゴリーを決めておいて、後から変更することも可能です。
仮でカテゴリーを作っておいて、半年や1年後に見直すこともできます。

タグの編集方法

タグは新しく追加することも削除することも簡単です。
言い換えると、タグを決めておいて、後から変更することも可能です。
仮でタグを作っておいて、半年や1年後に見直すこともできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

コメント

コメントする

目次