マーケティングに必須なアナロジー能力を高めるには?

目次

日本の学校教育の影響で、日本人は作業マシーンになった。

日本の学校教育では、作業マシンーンの人生で終わってしまう

日本人はマニュアルに沿ってしか行動できません。
マニュアルが作られたなぜかを考えずにマニュアルに忠実に再現することが得意です。

言い換えるとマニュアルを作る側になれないので、いつまで経ってもマニュアルを忠実にこなす作業者のままです。

なぜそのようになったのでしょうか?

マニュアル型ロボット

日本人の学校教育が短期間で正確に物事を

  • 記憶する能力
  • 処理する能力

がゴールだからです。

この金太郎飴のマニュアル人間を大量生産することで高度経済成長の波にのることができました。

AIやプログラミング、ロボットの分野で発展してきたことで不要になってきます。

日本人は方法論が好きな民族

これらの日本の学校教育によって、方法論を追い求めるようになりました。

  • どうすればいいの?
  • 何をすればいいの?

が口癖になっています。

本を読むにもセミナーを出るにも理想のマニュアル探しをしています。

アナロジー能力を身につける

作業マシンーンから脱するには、何故を考えられる力であるアナロジー能力を身につけることです。

マーケティングでアナロジーが必要な理由

マーケティングでアナロジーが必要な理由は

  • マーケット(市場)
  • プロダクト
  • コンテンツ

を統合させるからです。

その中でも、マーケット(市場)を分析する上で、

  • 競合やライバルのこと
  • 顧客のこと

を観察して、分析が必要です。

その際に、共通性、類似性、例外性を見抜くことが求められます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次