AIは人間の共生できるのか?

ITの技術が発展してAI化やロボット化はトレンドになっています。

目次

人口減の時代にAI化やロボット化は避けられない

親が高齢化のためにいずれは運転できなくなります。運転できないと買い物弱者になります。移動サービスのようなmobiのようなサービスは全国に普及してほしいものです。

AIがルート選定して、人間が運転することによる問題点

mobiのサービスを利用して感じるのは、AIがルート選定をして、人間のドライバーとして運転しています。ただし、課題もあります。ルートが完璧ではないようで、人間が補正をかけています。

ドライバーの勤務スタイルとしても常に予約が入ります。また、交通渋滞による遅延や道路工事による迂回もあるため、到着時間から遅れがちです。そのために朝と17時〜19時ころはピーク時間帯1時間ピックアップを連続すると休憩なしでのピックアップは精神的にきついそうです。

この方式だと利用者さんの理解がなく、ドライバーさんが謝りっぱなしのこともあり精神的に追い込まれそうで、利用者離れ、ドライバー離れからサービスが縮小する懸念もあります。2時間ごとに休憩を入れるなどしないときつそうです。

AI化によるビッグデータによる未来を検証する

この前にAI橋下で紹介したときの会社のサービスを元に次世代のAIと人間の両立を考えました。

https://alt.ai/aiprojects/

運行ルートのビッグデータで、人並みの自動ルートマップが完成する

alt社によるAI Projectsによると、 AI+データマイニングでは次のサービスを上げています。

al+ データマイニング
データマイニングとは、AI(人工知能)でデータ解析の技法を大量のデータに網羅的に適用することで知識を取り出す技術のことです。al+ AI Solutionsでは様々な機械学習アルゴリズムを利用して、需要予測、売上、株価、プロダクト価格変動予測などデータマイニングを用いたAI予測とレコメンドを提供しています。また人が扱えない膨大なデータ量と計算力を活用したAI最適化技術により、より速く高精度な課題の解を提供することによりビジネスへの導入を加速しています。

AI Projects | alt

これらから見えてくるのが、人間ドライバーが不要になり無人運転化の実現です。

人間のドライバーが労働し続けると膨大なデータが集まる

運行ルートの記録すると、人並みの自動ルートマップが出来上がる現在は、AIがルート人並みの自動ルートマップが出来上がります。

しばらくの間、ドライバーの労働者はビッグデータ蓄積のために働くことになるでしょう。

人間のドライバーは不要になる

ビッグデータを活用した自動ルートマップがあれば、ロボットで無人の自動運転車がプロドライバー並に運転することができます。もしプロ並みではなくてもそこそこではなくても、そこそこの運転ができるのです。

人がオペレーターの音声を記録するとする完全マニュアルが出来上がる

alt社によるAI Projectsによると、 AI+コミュニケーション/言語処理では次のサービスを上げています。

al+ コミュニケーション/言語処理
自然言語処理とは、コミュニケーションで使う「話し言葉」から、論文のような「書き言葉」までの人間の言語(自然言語)を対象として、それらの言葉が持つ意味を解析する処理技術を指します。

al+の思考する対話エンジンは利用者とのよりナチュラルなコミュニケーションインターフェイスの形成に大きなメリットを生み出します。また、特許分、法令文解析などの実用的な自然言語処理研究の先端技術も保有しています。

AI Projects | alt

これらから見えてくるのが、人間オペレーターが不要になり無人ロボットオペレーターの実現です。

人間のオペレーターが労働し続けると膨大なデータが集まる

現在のオペレーターが労働した仕事を記録し続けるとどうなるでしょうか?顧客と会話した膨大な音声データが集まり、これを解読することで、 オペレーターの完全マニュアルが出来上がります。クレームにつながったものを解析すれば、クレーム対応もスムーズになります。

しばらくの間、オペレーターの労働者はビッグデータ蓄積のために働くことになるでしょう。

人間のオペレーターは不要になる

ビッグデータを活用したオペレーターがあれば、自動音声機を使って、プロのオペレーターに会話することができます。もしプロ並みのオペレーターではなくてもそこそこではなくても、そこそこの会話ができるのです。

再現度はそこそこでもいい

ロボットドライバーがプロドライバーより1/3の運転レベルであっても問題はありません。3台用意すればいいですから。もし初期コストがかかっても、労働者のように文句を言わないし、賃金もいらないロボットの費用の回収はすぐにできるでしょう。

しばらくの間、人間はビッグデータの収集のために働かされるわけです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次