既存の四大メディアとインターネットのメディアの違い

インターネットでどのような情報が好まれるのか?をまとめました。

目次

既存の四大メディアの特徴

既存の四大メディアでは、きれいな情報が好まれる

四大メディアはマスメディアと呼ばれています。

  • テレビ
  • 新聞
  • ラジオ
  • 雑誌

社会的に影響力を持ちコンプライアンスを重視する必要がある。

4大メディアは2つの点からコンプライアンスを重要視しています。

  • 広告主が存在すること
  • 不特定多数の人が見る

そして社会的な影響力が大きく誤情報は許されません。

4大メディアのコンテンツの特徴

  • きれいに編集されている
  • 取材に基づく啓発情報
  • 表向きの情報(伝えていけないこともある)

テレビ局の番組コンテンツの質が下がってきている理由

特にテレビ局は、国から放送利権を得て放送できています。
クレーマーのことを言うことを聞いてしまうと、コンプライアンスのチェックが入り、テレビ局の番組制作が厳しくなり面白い番組ではなくなります。

テレビを見た視聴者からクレームが入ります。「不愉快」や「差別的発言」や「教育に悪い」という様々な言い回しでクレームを受けます。

なぜテレビ局はクレーマーの通りに従うのか?

クレーマーは、テレビ局に電話するのではありませせん。スポンサーに電話をかけて番組に制限をかけるように働きかけるので、コンプライアンスを重視するなら、過激な番組や過激な発言をさけるように守りに入っていきます。

インターネットのメディアの特徴

マスメディアに対してインターネットのメディアが存在します。
誰もが手軽に発信できて、発信するのにも許可は要りません。

インターネットのメディアでは、加工されていない暴露情報が好まれる

インターネットのメディアでは次のようなメディアがあります。

  • ブログやホームページ
  • SNS
  • メルマガ
  • LINE公式アカウント

きれいに加工されていないほうがリアリティーを感じる

インターネットの情報はきれいに加工されていない方が信憑性を持ちます。トレンドなど生情報は加工するのに手が加えられると鮮度が落ちますし、作為的な情報と判断されがちです。

さらにインターネットでは暴露情報が好まれます。インターネットだけでしか聞けないような情報です。

  • 裏側やカラクリを暴いた話
  • 表のメディアには出てこない濃い情報
  • 加工されていない生情報(トレンドなど)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次