過ちった成功に導くリーダーには共通する特徴があります。

行動力がビジネスをカバーする行動」という信念があるということです。

どういうことかというと、彼らは緊急性の意識を持ち、過去を守るために奮闘するのではなく、全てを「明日が暇になる」時間貯蓄に向かうことを行う必要があるのです。

多くの企業で、判断に時間をかけて、勝機を失うことを見てきました。

時間を計測されず、時間の垂れ流しが起こる。

圧倒的にビジネスの成功させる要素は「スピード」です。

マーケティングのアイデアが生まれてから実行へと移されるスピードは、企業の収益と大きな関係があります。

それでは、ここでもう一度ギアを切り替えて考えましょう。

どのようなビジネスに関わっていても、ビジネスでの判断基準は常に「利益」であるべきです。

もしあなたの判断基準が異なるなら読み進める必要はありません。

マーフィーの法則の1つに
「すべてのことには当初企画されたよりも、長い時間と費用がかかる」というものがあります。

残念ながらそのとおりです。アイデアが生まれ
てから実行するまでの時間を最低限にするため、プッシュ、ブッシュ、プッシュするのがリーダーの役割なのです。

この法則は「仕事は使用可能な時間いっぱいまで伸びるというタイムマネジメンメントの法則につながります。

タイトな締め切りと適度なプレッシャーは起業家にとって必要です。

ビジネスにおいて、利益を判断基準にすると、意思決定が変わります。

最新情報をチェックしよう!