生産性のある仕事だけを切り取っていく方法

ビジネスでは、リソース(人、お金、時間)が限られています。ROI(投資対効果)を高めていくためにも、リソース管理を徹底していかなければならないのです。

ビジネスで収益を上げていくためのプロセス

不要な情報を遮断し、考える時間と生産的な時間を増やすことです。
ビジネスで収益化するためには3つの手順で進める必要があります。

1.雑務を削減する
2.プロジェクトを組む
3.システムを持つ

仕事の種類

仕事には3つの種類が存在します。「非生産な仕事」、「生産的な仕事」、「超生産的な仕事」。この3つの仕事で時間が経てば経つほど、右側の超生産的な仕事に移行していく必要があるのです。

非生産な仕事
(雑務)
時給1000円の仕事
生産的な仕事
(プロジェクト)
時給10000円の仕事術
超生産的な仕事
(システム化)
時給50000円の仕事術
・友人と話す
・ネットサーフィン
・メールチェック
・電話対応
・机の片付け/清掃
・商品開発
・マーケティング
・プロジェクト管理
・ビジネス拡大のための時間
・商品開発のシステムを作る
・マーケティングのシステムを作る
・ビジネス拡大のシステムを作る

 

生産性の悪い仕事を辞めるために

 

雑務を減らす。

起業家にとって、時間は限られています。「本当に重要なことは何か」を常に考えることが必要です。もし雑務をしないといけない状況であれば、解決方法は4つしかありません。

・工程をシンプル化する
・誰かにお金を払ってやってもらう
・システムを買う
・商品(パッケージ化)にしてしまう

 

工程をシンプル化する

左から右に流すくらいシンプル化することです。シンプル化することで、誰かにやってもらうことも可能です。

誰かにお金を払ってやってもらう

こちらもシンプル化していなければ、依頼時の内容のまとめや、納品時のチェックなど無駄な労力がかかってしまいます。

システムを買う

AIなどを含めて、クラウドツールが発展しました。今までの事務作業の大半は、今後効率化していくことでしょう。

・請求書作成ツール:misoca

商品(パッケージ化)にしてしまう

あなたの労力が割にあっていないなら、高額にするべきのものかもしれません。そうすると、商品(パッケージ化)の中に組み込むべきです。そして、顧客にそこに対して取り組んでもらうことです。

飲食店でさえ、メニュー表が決まっており、顧客はメニューから選ぶ必要があります。もし、毎回、オーダーメイドで作っていれば、厨房はパンクしてしまでしょう。

生産性のある仕事に切り替えるために

全ての仕事をアウトプットする

メモをブログ化

メモって、一度埋もれてしまうと、永久に発掘されずに、自分の目だけではなく、他人からも埋もれてしまうことに気付きました。

そこで、今までのメモを編集して、ブログに残すようにしています。

・セールストーク
・打ち合わせメモ
・プロジェクトの進め方

何かの商品企画、打ち合わせに使用する際は、このブログを見返すようにすればいいのです。

2つの別の仕事の共通点を見つけて、1つの共通点を見つける

Aという仕事とBという仕事があれば、それを共通できないかを考えるようにします。トヨタのコストダウンが上手く言ったのが、車両を共通化して開発費を抑えて、量産体制を作ったことです。SAIというトヨタ車とレクサスは同じ車両であり、デザインと内装だけ違うということがありました。

仕事の中には、必ず共通点があります。Aが終えてからBに取り組むのではなく、AとBという仕事の共通点を見出した上で、AとBを同時に進めていくことです。

プロジェクトの進め方などでは、マニュアルを作成して対応する

打ち合わせ前に、プロジェクトの進め方や仮のマニュアルを作ってから打ち合わせに参加するようにすると効率化可能です。未来を予測するのです。このマニュアルを作ることで、相違もできますし、お互いに何をするべきかが明確になってきます。

マニュアルを制作する

Word程度の簡易なマニュアルを作成します。3〜5ステップでできるようなものを作って、打ち合わせ時に説明できようにします。

ケーキを作る手順であれば、3ステップで作れるように明文化しておきます。

1.スポンジケーキを用意する
2.生クリームを塗る
3.いちごを載せる

 

ブラッシュアップする

顧客と打ち合わせすると不足事項が必ず見つかります。そのマニュアルをブラッシュアップして次に改善できるように改善していくのです。

生産性のない方法を今すぐ辞める>>>

最新情報をチェックしよう!