文才0でもできる!脱挫折!ブログを書けない人へのブログを書くことが快楽行為になる3つの方法

ブログを書けない人に共通するのは、文章を書くことが苦痛だから。
本当にそうでしょうか?人間にとって、話すことは快楽行為です。
実は、同様に書くことも快楽行為なんですが…

ブログの挫折理由1:文章を書けない人の共通点は、どう見られるか?を気にしすぎている

なぜブログの文章を書けないのでしょうか?
メールやLINEだったらスラスラ書けるのに、ブログなどになったら書けなくなってしまう。

共通するのは、「他人からの目線」です。

誰かに媚びたり、よく思われようとしないことが必要です。
ブログは、あなたが発信するメディアですので、誰からも批判や非難される媒体ではないからです。

そして、万人受けをしようとすると、メッセージ性、そして、言葉が死んでしまうからです。

ブログの挫折理由2:文章表現で悩んでしまう

プロの文章を目指すのではなく、伝わる文章をかければいいのです。

素人なのに作家になる必要なし

小説のような文豪のような文章の書き方はブログに禁物だからです。

遠回しの表現になり、読み手も読みにくくなります。

文章の校正はブレーキを踏む作業

また、書きながら、文章の校正してませんか?

書く行為は、アクセルですが、文章の校正はブレーキを踏む作業です。
書いては消して、書いては消すというのは、アクセルを踏んで、ブレーキを踏むような行為ですので、なかなか進めることはできません。

一度書いてから、文章の校正や、構成の見直しをすればいいので、段落構成や誤字脱字は後回しにしましょう。

アドレナリンを出す「作業興奮」で、書く流れに載せてしまう

作業興奮という言葉があります。
人が何かを行動を始めると、「作業興奮」というアドレナリンが出るような状態になります。

やる気が無い時に、まず少しだけ「何かやってみる」ということです。

悪い例であれば、テレビを少し見るつもりがダラダラ見てしまった、ゲームを少しするつもりがずっと見てしまったなどです。
これは、脳にアドレナリンが出ている状態になり、その作業を止められなくなってしまうのです。

仕事であれば、
「領収書の仕分けをしないといけない」
などであれば、領収書を財布から取り出して、分類からスタートします。

「メールやSNSでのメッセージの返信をしなければいけない」
などであれば、まず簡単なメッセージから返信していくのです。

作業興奮するなら、3分集中でいい

この「作業興奮」。ダラダラしてしまうと、効果はありません。
3分だけ集中してください。

ブログであれば、「3分だけ書く」という方法を試してみましょう。
このアドレナリンを出して、書けるところまで、書いてみましょう。

挫折理由3:何を書いていいかわからない

①ネタ集めの習慣がない

それでも文章を書けない人は、「書くネタをメモする習慣」がないだけです。
科学者や芸術家がメモ帳を手放さないようにに、あなたもネタ帳を持ってください。
芸人でさえネタ用を持っています。

iphoneやノートでもいいので、ネタ帳にどんどんメモしていきましょう。

②人と話すと頭の中が整理される

人と話すと、自分の頭の中が整理されてきます。自分でも気づいていないことが考えられるようになります。
むしろ自分で籠もって思考することは、食べ物を食べてばかりで、うんこをしない便秘状態と同じです。考えていることがどんどん体内で溜まっていくので、せかっくのアイデアや思考も死んでしまいます。

③他人のコンテンツである本、メルマガ、ブログ、youtubeからインスパイアされる

あなたは似た思考の他人のコンテンツを見ているでしょう。
全く同じ意見であれば、あなたのコンテンツにはならないので、自分ならどのように考えるか?を徹底的に追求してみましょう。

④過去の失敗談、体験談を書いていく

最大のコンテンツは、あなたの過去の失敗談や体験談です。

Appleの本質は教育産業であり、podcastやオーディオブックを出してたのも教育産業を活性化するためです。
そして、googleは世界中の失敗談や体験談を集めている企業とも言えます。「体験談や経験談からの学びこそが他人を啓発する」というコンテンツで、営業トークやステマサイトを検索エンジンから淘汰していっています。

失敗や体験を話すことは、恥ずかしいと思ったり、なかなか出来ないと思っているかもしれまん。

しかし、それ以上に同じような人の境遇の人にきっかけや勇気を与えることができるのです。

⑤歩いたり走る

今までのことでも無理な人は、考えすぎかもしれません。頭の中のリフレッシュが必要です。
頭でっかち君(→以前の私です)

歩いたり走ったりしてください。
思考から離れてください。そして追い詰めてください。

京都に哲学の道とありますが、歩くと自然と考えるように人間は出来ています。

⑥カフェや銭湯に行く

歩くのも走るのも出来ないほど、体力が落ちている人は、疲れているでしょう。
リラックスして思考を緩めてください。

リラックスすると、思考が今までの緊張状態から開放されて、思わぬことに視点や発見に繋がります。
いつも行くようなスターバックスやタリーズなどの普通のカフェではなく、いつも行かないちょっと変わったカフェにしましょう。

ハンモックカフェや猫カフェなどもいいですね。

ブログを書くことは、快楽行為です。
ぜひ、あなたも書くことを習慣化して、ブログデビューをしましょう!

ブロガーで収益をえる方法とは?

最新情報をチェックしよう!