リスト集めとプロダクトローンチは、魚の釣り方と魚をさばくの両輪で考えろ

リスト集めとプロダクトローンチは、どちらが重要でしょうか?リスト集めがもちろん大事です。もしあなたが寿司やであれば、魚を用意しなければ、客に料理を出すことはできません。

次の工程のうち「リスト集め」と「プロダクトローンチ」はどちらになるでしょうか?

  • 魚を釣る
  • 魚をまな板に置いてさばく

答えは

魚を釣るのがリスト集めで、魚をさばくのがプロダクトローンチ

です。

リスト集めがなければ、プロダクトローンチをすることはできません。

目次

リスト集めのコツ

1000円の教材をただで配るような価値があるものです。リストを集める際は、コピーライティング能力は必要ありません。無料で質の高いものを提供することです。

リスト集めで重要なことは、パッケージとしてのデザインを見せることです。デザインは見た目重視で、フリーほど見た目が大事になってきます。デザインがかっこいいことです。

リスト集め自体が、レバレッジを高めることにつながってくるでしょう。レバレッジとは、テコの原理のことで、小さな力で大きな物を持ち上げることです。

フリーはわかりやすいものだと失敗する

フリーは単純でわかりやすいものではなく、リッチシェフレンは無料小冊子のプレゼントで、インターネットビジネスマニフェストで100万回のダウンロードがありました。しかも、無料といえども、コンサルティングで一番、価値が高く戦略性のあるコア商品である「チャンス追求型と戦略型起業家」をフリーで配ったのです。

顧客が小学生だと東大の入学試験

中身は難しく理解できないと、「講義を聞きたい」、「講座を聞きたい」という欲求が生まれてきます。わからないからセミナー、講座に申し込むわけです。

講座で値段を上げられるのは、ビジネスや人生のコスパが上がるからです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次