プレゼン資料に時間をかけるのは無駄。パワーポイントからKeynoteに切り替えた理由

  • 2019年11月25日
  • 2020年7月1日
  • 心理学
  • 504view

あなたはプレゼン資料を作る時に、まだパワーポイントを使っていませんか?もし、最短時間で最強のプレゼン資料を作るのであれば、Macのkeynoteを使うべきでしょう。
時代は、シンプル化の方向に向かって無駄を嫌っています。
実は、実力者ほど、プレゼン制作にかける時間を省力化しているのです。
私はMacのプレゼンソフトのkeynoteを使っています。

最短最速。最高のプレゼン資料を作る秘訣。

あなたがビジネスの中で注力するべきことは、「最小限の労力で最大の成果を得る」ことです。これは言い換えると、楽して収益を作ることに思考を働かせることです。なぜなら、8時間をかけて資料を作っても、全く収益を生むことはないのです。

パワーポイントの2度の挫折

Mac熱を語れば語るほど、Apple信者と思われるでしょう。しかし、私は実存に生きる合理主義です。しかし、20代はwindows派でした。windowsで自作パソコンを2回も制作したぐらいwindowsを愛していました。

クリエイターの友達にMacの実力を見せつけられる

2009年にMacと出会ったことで変わりました。友達がiMacを使っていて、操作が簡単だったのです。windowsの5年後先くらいの未来を先行していました。
画面がシンプルで複雑さが一切なかったのです。

Macの最大の発明はKeynote

Macを使ってない限りは、keynoteをよく知らないかもしれません。
実は、keynoteは、スティーブ・ジョブズがプレゼンするために開発されたソフトです。

有名なのが、スティーブ・ジョブズのiphone発表時のプレゼンです。
スティーブ・ジョブズのスピーチとスライド画像が絶妙に組み合わされていますね。これが最高にかっこいいのです。

2007年1月9日基調講演(keynote address)にて iPhone を初公開する Apple の Steve Jobs 日本語字幕付き。

パワーポイントも進化しているが、どうしても野暮ったさが残る…

本当はこのように「スマートなプレゼン」をしたいと誰もが思っているのですが、なぜなのかパワーポイントを使うと、突然ダサくなってしまうのです。

ボタンが多くてどこにどのボタンがあるかわからない

いつも思うのが、何か使い勝手が悪いのです。いつもボタンの洪水の中で迷子になってしまいます。ボタンが多くて、何をすればいいのかわからずにイライラするのです。

入力している時間よりも、イライラしている時間のほうが長い。

かもしれません。

諦めて、いつの間にか文字を打ち込むツールになってしまうのです。あきらかに生産性が落ちていました。

時間をかけずにきれいなスライドを作りたいだけ

プレゼンソフトに要求することは、時間をかけずに資料を作りたいだけです。keynoteであれば、それが実現できるのです。

macのプレゼンソフトのkeynoteを使うとクリエイティブな仕事の90%をカバーできる

keynoteで資料を作る技術が身につくと、クリエイティブな仕事の90%をカバーすることができます。あなたがもしプレゼン資料を作りたいのであれば、Keynoteでほとんどのことはできてしまうでしょう。

・直感的な操作性
・グラフもらくらく作れる
・アニメーション動画も作れる

直感的な操作性

直感的な操作性でどんどん仕事がはかどります。テンプレートも出回っています。欧米系のテンプレートも文字を置き換えるだけで、立派な資料を作ることができます。

Macユーザーにオススメ!Keynoteの無料テンプレート50選
https://ferret-plus.com/2922

Keynoteで求めているグラフも簡単に作れる

keynoteを使えば、曲線を使ったグラフも簡単に作れます。

動画風景

操作方法を覚えると、あっという間に作れてしまうのです。一度マスターしたスキルは半永久的に使えます。

圧倒的なプレゼト資料を作る方法とは?

テキスト
テキスト
最新情報をチェックしよう!