インターネットの本質はマッチングサイトを見れば分かる

目次

人と何かをマッチングさせる最短最速でインターネット

インターネットが出てくるまでは世界中の情報はお互いに遮断されていました。インターネットの発達で、人と人や人や情報などのお互いの相互交流ができるようになり、マッチングが盛んになりました。インターネットは、時間や距離に関係なく繋がることができます。

ホームページやブログは人と情報のマッチング

ホームページやブログの目的は、人と情報をマッチングさせることです。

ホームページやブログには情報を掲載しています。そこに人が検索でたどり着くことで情報を得ることができます。そもそもインターネットが軍事目的に開発されました。一箇所に情報があるとその建物が攻撃されると情報が伝わらくなります。複数のサイトに分類するためにインターネットが生まれました。

情報を掲載するのが、ホームページやブログの目的です。

「人の検索心理」に関しての詳しくはこちらの記事を御覧ください。

ポータルサイトは人とサービスのマッチング

ポータルサイトでは1つのテーマに沿っていろんな情報が載せられています。この掲載されているサービスと見ている人のマッチングです。

ホームページが出た当初はたくさんのホームページやブログなどのサイトが乱立していていました。検索しても情報が出てこない。サイトにルールをつけたのがGoogleです。Googleはインターネットの検索において人気投票行った結果、注目されているページ上質な情報が載っているページが上位表示できるようになりました。

現在では閲覧数、閲覧時間、SNSでのシェア、他サイトへ引用されているなどが評価基準になっています。

SNSは出会い系サイトと同じ人と人のマッチング

SNSの本質は出会い系と同じです。人と人がマッチングするので、コミュニケーションの媒体です。

メールの本質はラブレター

世界や日本最古の手紙を取りを見ると2つの役割に分けられます。

  • 通達
  • 恋文(ラブレター)

1つ目の通達に関しては戦争で勝った負けたの連絡やスパイ情報が最初です。世界の政治や軍隊では情報の情報活動では非常に重要なってきます。アメリカであればCIA、ロシアであればKGBなどの諜報機関があります。

日本では忍者が活躍していたように世界での情報活動は非常に重要になってきます。

2つ目が恋文(ラブレター)です。古事記や古今和歌集などの和歌に見られるように恋文というのが非常に重要なんです

先程の情報伝達があれば無機質なの文章を書いていればそれだけで十分です。

一方で恋人には相手の中の感情を動かす必要があります。なぜなら動物は、生存本能を動かすことによって行動するからです。

現在世界中のマーケティングセールスを始めとしたものは全て感情が動くものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次