あなたは誰?何者?何ができるの?名刺には1つの肩書しか入れてはいけない

名刺には肩書は1つしか入れてはいけません。
なぜなら実力者ほど、洗練されているメッセージだからです。
実は肩書が多い人は、自信がないように見えます。

ビジネスの世界では、一枚の名刺にいくつも肩書きを載せる人ほどビジネスでは落ちこぼれだとみなされるのです。

実力者ほど、肩書ではなく、メッセージを見る

もし名刺の肩書が多いと、
「何を相談していいか分からない。」
「何のプロかどうか分からない。」
「何を解決してくれる人かが分からない。」
といったことが起きます。

名刺に入れるべきものを絞るのであれば、

・会社名
・肩書
・名前
・業務内容
・連絡先
・ホームページ

の情報でしょう。

名刺交換で1秒で、あなたと話す価値があるかを判断される

欲張っていろいろと書きすぎると、あなたの価値が落ちてしまうのです。
孫正義も名刺で人を判断すると言っています。あなたが強者と仕事をしたいのであれば、名刺に書くことを絞ってください。

あなたの価値を最大化する方法とは?

最新情報をチェックしよう!