【初心者向け】動画を使ったマーケティングで用意するべきパソコンのスペック

  • 2019年10月31日
  • 2020年7月1日
  • 心理学

動画マーケティングを今から始めるなら、パソコン選びからスタートです。
スマートフォンでも動画マーケティングは可能ですが、パソコンを使った方がより様々なことが可能になります。

ここでは、動画マーケティングを始める上で、必要な機材を紹介しています。

どのようなパソコンを選べばいいの?

Macをオススメしていますが、もちろんwindowsでもOKです。

唯一、譲れないことは、動画処理の高いパソコンが必要です。

動画を編集を行うと容量の高いパソコンが必要になるからです。
動画の編集では3ステップの作業が必要です。

  1. 撮影
  2. 動画編集
  3. 動画をインターネット上で公開

一番、パソコンの処理速度が要求されるのは、
「動画編集」
です。

パソコンの処理速度が遅いと、
「動画編集」で2倍以上の時間がかかることがあります。

では、処理速度の高いパソコンとはどのようなパソコンでしょうか?

パソコンの処理速度は、人の仕事のスピードと同じ

パソコンが生まれた背景は、人の仕事を計算機に置き換えたので、基本的な考え方は同じです。

仕事を早く終わらせるには、まず人の能力です。
仕事の処理速度が高い人ほど、仕事が早く終わりますね。

そして、次に環境です。

机や引き出しなどの環境がなければ、その人の処理速度を最大限までスピードを高めることはできません、

CPUは人の能力です

CPUは、人の能力です。
処理速度が高ければ高いほど、スピードを上げることができます。

メモリは、机の上の広さです

仕事をする時に机の上が広いと仕事をするスピードを早くすることができます。
しかし、

ストレージは、引き出しと同じです。

ストレージは、ハードディスクやSSDという言われ方をします。

ストレージは、机の引き出しと同じです。机の上を整理するためには、机のものを引き出しにしまう必要があります。もし、引き出しにものが入っていると、いつまで経っても机の上を片付けることができません。

パソコンを買いに行くと、216GB、512GB、1TB、2TBという表記がされていますが、動画編集をするのであれば、512GB以上のものを選びましょう。

パソコン以外に用意するもの

マイク

動画の質を決めるには、画質50%、音声50%です。
音が良いと安心して内容を効くことができます。

できれば、良いマイクを選びましょう。

ハードディスク

動画を撮りだめていくと、1動画あたりの容量が大きくなります。
パソコンのストレージ(
1〜2TBの外付けのハードディスクが必要になってきます。

Macをお勧めする理由

パソコンの初心者であっても上級者であっても、Macがおすすめです。

初心者でも操作しやすい動画編集ソフトが最初から掲載されています。
動画編集ソフト「imovie」が最初から使えるからです。

動画をビジネスに応用する方法とは?

最新情報をチェックしよう!