「無視することと無視されることを認める」=省く:時間を増やす「マルチプライヤー」の共通点

あなたは今、時間に追いかけられる生活を送っていませんか?

「完成を目指すと、あなたは、より時間に追われる」ことを知っていますか?

あなたが今自分がしていることから 、「集中するために、何を省くのか?」にフォーカスすうrことです。

「無視すること」と「無視されること」を自分に認めることをすれば、時間に追いかけれられる自分から脱却することができます。

何事にも
「〜しなければいけない。」
「〜するべきだ」
ということを思う人のことをMust人間・Should人間と読んでいます。

この2つの呪縛からときはなれるには、自分を解放します。

平気で「無視すること」、「無視されること」を取り入れることです。

誰もが承認欲求が存在します。
この承認欲求に動かされるようになると、
時間の奴隷になってしまうからです。

「気乗りしないものには手を出さない。」
「人にお願いされたからしよう。」
「断ると相手に申し訳ない。」

「今していることは、将来に時間を生んでいるのか?

常に自問自答することです。

あなたが今すぐ辞めるべきこと

出る必要のない会議

会議は、意思決定の場です。
事前に打ち合わせ内容と方向性のメールをもらっていれば、会議は最短にすることができます。

誰かの仕事を手伝う

誰かに仕事を頼まからという理由で引き受けるのは、危険な方法です。
あなたの最重要の仕事をするべきあなたは、誰かに時間を奪われてしまうからです。

要点の得ないメール

長いメールが来たら、電話かZOOMで対応しましょう。
なぜなら、相手が不安を感じているからです。

10分以上の説明する

あなたが説明を求められたとき「具体的に説明してほしい) は相手の時間を奪う原因です。

相手の障壁を取り除いて、相手をトランスフォーメーションを起こすからこそ、不要な時間を減らせます。

オーダーメイド・ワーク

日本では、変更を前提として仕事を進めます。
これはプログラム化されていなからです。

「変更によって、将来の時間をマルチプライ(増殖)するか?」と問
いかけてみる。

もし答えが、「いいえ」で、問題がなければ、続けましょう。

レバレッジ・ワークとは、将来の不要な時間を減らしていくことです。

断続的に別の仕事をする

別の仕事に取り掛かるときは必ず、時間を失います。

一体何が本当に時間を使えているだろうか?果たしてこれらは本当に正しい時間だろうか?もし、あなたが本当に詳しく続きを知りたいのなら、こちらまで…。
時間を生み出すビジネスとは?

最新情報をチェックしよう!