「守ることを許す」集中する:時間を増やす「マルチプライヤー」の共通点

マルチプライアーが持つ最後で最大の能力は、凝縮した時間の使い方ができるということだ。

つまり、「これ」と的を絞った活動に超人的な集中力を発揮するのである。

これまで見てきた戦略への問いかけがすべて「ノー」だったとき、あなたはついに真の「優先事項」に出会うだろう。

そうしたら、何をおいてもそれにフォーカスしな
ければならない。それによってのみ、あなたは集中力を高められる。目の前のことにつねに没頭できるからだ。 そしてその優先を絞らなかったのだ。

「認められたい」 という果てしない欲求と、いつでも他の人々のためになっているという誇りのために、私たちは真に大切なものを見逃してきた。

だが、他の人々へへの最高の責務は、最高の自分でいることだ。あなたは自分に、フォーカスし、自分を、守る許しを自分に与えなければならない。 

マルチプライアーとして、周囲の人々が明日により多くのチャンスを得られるように、今日あなた
の時間を使うのがあなたの責務だ。

事項はつねに1つしかない。
 
あなたがしていることは将来的意義があるか?自分が持つ時間を最大限に活用できているか? その瞬間の自分を“最高の、自分にしているか? もしそうでないなら、あなたは目の前のことを削り、自動化し、任せ、先延ばしするか、あるいはできるだけ
早く仕上げて、真の「優先事項」 に大急ぎで向かわなければいけない。

私たちは他の人々の優先事項ではなく、
自分の優先事項にフォーカスすることを認めることこそ、最初の一歩に繋がるのです。

一体何が本当に時間を使えているだろうか?果たしてこれらは本当に正しい時間だろうか?もし、あなたが本当に詳しく続きを知りたいのなら、こちらまで…。
時間を生み出すビジネスとは?

最新情報をチェックしよう!