100万人のマネジメントの真髄!:リーダーシップと甘えの克服とは?!

目次

第1章: 漢字が示す意味の奥深さ

漢字は、単なる文字ではなく、物事の本質や深層を象徴するものでもあります。
その奥深さは驚くべきものがあり、「働く」という漢字もその一例です。
この章では、漢字が持つ意味の解析を通じて、「働く」という行為の本質に迫ります。

第2章: 働くとは自分を動かすこと

「働く」には、「人を動かす。」という意味が込められていますが、その真の意味は「自分を動かすこと」にあります。
お金を稼ぐためには、まず自分自身が動かなければなりません。
この章では、自己動力と行動の重要性について探求します。

第3章: マネジメントとリーダーシップの誤解

経営者や社長、教師など、リーダーシップを担う立場の人々が陥りがちな誤解とは何かを明らかにします。
リーダーシップにおいて、「人を動かす。」とは、「人を働かせる。」の意味ではないことを理解することが重要です。

第4章: 自己動力と他者への影響

自分が動かなければ他人は動かない、という原則を理解することがマネジメントの基本です。
この章では、自己動力が他者へどのように影響を与えるのか、そして自己動力を高める方法について探求します。

第5章: マネジメントにおける「甘え」との戦い

甘えはマネジメントの大敵です。
自分や他人に甘えることなく、真のリーダーシップを発揮するためには、この甘えと向き合い、断ち切ることが必要です。
この章では、「甘え」との戦い方について掘り下げます。

第6章: 売り手と買い手の関係における甘えの構造

甘えは、売り手と買い手の関係にも影響を与えます。
お互いに甘えず、信頼と誠実な関係を築くことがビジネスの成功につながります。
この章では、甘えの概念を断ち切り、健全なビジネス関係を築く方法について解説します。

第7章: 組織マネジメントにおける課題と解決策

組織においても、リーダーシップと甘えの問題は深刻です。
上司と部下の関係における甘えを断ち切ることが、組織マネジメントの最優先課題です。
この章では、組織マネジメントにおける課題とその解決策について探求します。

結論: リーダーシップの真髄を理解しよう

「人を動かす。」ことの本質は、「自分を動かす。」ことにあります。
マネジメントやリーダーシップを発揮するためには、自己動力を養い、他人に影響を与えることが不可欠です。
甘えの概念を断ち切り、真のリーダーシップを目指しましょう。


]]>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次