飲食業の経営で注意すべき重要な事とは?

起業する時に、最も手っ取り早い業種に飲食業があります。

コロナ禍の特殊な状況で、危機的な状態のなった業種ですが、通常であれば、それほど心配する業種ではありません。

なぜなら、必ず美味しいものを食べたいという欲求がどんな時も100%あり、また、食物を取り入れなければ死んでしまう生き物だからです。

飲食業はビジネスの初歩から奥義まですべて含まれている深淵な業種です。

顧客は100%必ずいる業界ですし、ちゃんと形があるものが商品ですから、顧客もめったに詐欺を疑って来ないでしょう。

一年をとおして、売上が¥0っていうことはまずありません。

そういう意味では、ビジネスをするのに垣根が低い業種であることも事実でしょう。

ただし、飲食業を営む上で絶対に外してはならない注意点があるのも事実です。

次に上げる7つのポイントは基本中の基本の必須項目です。

目次

1,食品安全管理: 飲食業は、お客様の健康を守るために、食品安全管理に万全を期す必要があります。


食材の調達から販売まで、すべての工程で衛生管理を徹底し、食中毒などのリスクを最小限に抑えるように努めることが大切です。

2,コスト管理 :飲食業は原価率が高く、経費もかさむため、収益性の確保が重要です。

メニューの開発や仕入れにおいて、コスト削減の余地があるかどうかを常に意識し、経営計画を立てることが必要です。

3,人材管理 :飲食業は、接客や調理のスキルが重要なため、優秀な人材の確保・育成が不可欠です。


労働環境の整備やモチベーションの向上など、スタッフの定着を促す工夫をすることが必要です。

4,マーケティング戦略 :飲食業は、多様化する消費者ニーズに合わせたマーケティング戦略が求められます。


ターゲット層を明確にし、メニューや店舗の雰囲気など、お客様にとって魅力的な要素を打ち出すことが重要です。

5,資金管理 :飲食業は、季節や天候などの影響を受けやすいため、予算管理や資金調達の計画を立てることが必要です。


不渡りや借入金返済などのリスクに備え、財務状況の定期的なチェックを行うことが重要です。

6,競合との差別化 :飲食業は、競合他社との差別化が重要です。


自社の特色を明確にし、顧客にとって独自性があるメニューやサービスを提供することで、集客力の向上やファンを獲得することができます。

7,法令順守 :飲食業は、営業に必要な許認可や法令を遵守することが重要です。

衛生法や税金の申告など細かいことにも気を配らなければなりません。

7つ以外にも、もちろん大切なことが多くありますが、この7つを外すことはできないので、まずはここから向上させてください。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次