手書きメモ術の重要性がわからない人は、ホモ・サピエンス(現生人類)を自称する資格もないと心得よ!

ラスコーの壁画や、アルタミラの壁画。

ご存知の方も多いと思います。

そのほか、さまざまな洞窟壁画が世界中で見つかっていますね。

我々ホモ・サピエンスの遠い祖先たちは、描く事で知能を開発して、あらゆる知性を発達させてきました。

ペンを持って書くこと、描くことは、すべての知性の源であり、知能の開発するあらゆる基盤の大本なのです!

手書きメモ術には、以下のような重要性があります。

目次

1,記憶力を改善する

手書きのメモを取ることで、頭に入ってくる情報を整理し、より深く覚えることができます。

手書きメモは、筆記による運動によって脳に刺激を与え、長期的な記憶力を改善する効果があると言われています。

2,アイデアや思考を整理する

手書きでメモを取ることで、自分のアイデアや思考を整理することができます。

メモをとりながら考えることで、新しいアイデアが生まれたり、既存のアイデアを深めたりすることができます。

3,コミュニケーションを改善する

手書きのメモは、他人とのコミュニケーションを改善することができます。

手書きメモを使うことで、話し手の言葉を正確に理解することができます。

また、手書きメモは視覚的な印象を与えるため、メモを共有することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

4,精度を高める

手書きのメモを取ることで、精度を高めることができます。

電子機器を使っている場合、打ち間違いや自動補正による誤りが発生することがありますが、手書きメモを取ることで、より正確な情報を記録することができます。

以上のように、手書きメモ術には多くの重要性があります。

デジタルの時代で最重要なスキルは、実はアナログのスキルなのです!

手書きのメモを取ることで、記憶力を改善し、アイデアや思考を整理し、コミュニケーションを改善し、精度を高めることができます。

アナログを笑う者は、結局デジタルで泣くことになります。

デジタルは、あくまでもアナログの延長上にあります。

アナログのスキルがおろそかになっている者は、デジタルで仕事をした時に、その成果が一目瞭然に、アナログのスキルが身についている者と違うのです。

太古の昔から、文明が誕生する遥かまえから、我々ホモ・サピエンスの能力開発は書くこと、描くことでした。

手書きでメモを取らない習慣の人は、自分で知能を劣化させているに等しいのです。

実に、恐ろしい未来が待っていますね。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次