古き仲間をいつまでも大切にするな!人脈が変わらない人は成長しない!

人脈は水のような液体と同じです。
その人脈が変わらないということは、あなたの生き方が濁っているということです。

トップ1割の仲間入りを果たして、悠々自適な人生を迎えるには、自分の今付き合っている同類を見直す必要があります。

成功者に、ドリームキラーや、デリュージョンメーカーは居ないと思ってください!
学生時代の友人達と、現実の憂さ晴らしをして、お酒を飲んでる暇なんて無いのです!

愚痴をやめましょう!
他者責任をやめましょう!

テレビの中のコメンテーターがどんなに自己責任論を否定していても、聴いてはなりません。

「慰められる」とは「侮辱を受けている」と自覚しましょう!
今よりも、もっとすばらしい人達がいることに、目を向けましょう!

目次

自己責任論はリーダーに課せられた特権である!

自己責任とは、自分自身が行った行為や決定について、その結果や影響について完全に責任を負うことを指します。

例えば、職場での失敗やトラブルについて、自己責任を負うということは、自分自身がその結果に関与していたことを認め、それに対して責任を取ることを意味します。

この場合、他人や状況の責任を問うのではなく、自分自身が選んだ行動に対して、自分自身が完全に責任を負うことが求められます。

自己責任は、個人の自己成長や社会的責任感を高めることができる一方で、過度に自分自身を責めすぎることでストレスやメンタルヘルスの問題を引き起こすこともあります。

そのため、自己責任を負うということは、自分自身の行動や決定について冷静に分析し、自己評価を適切に行うことが必要です。

よって、自己責任論を持てるだけで、社会の上層部に食い込むことができるのです。

自己責任論は、孤独になって、孤高に徹することではない!

また、自己責任には、他人の支援やアドバイスを受け入れることも大切になります。

他人の良き助言を偏見やバイアス無しで傾聴するメンタルやスキルが必要となるため、リーダーシップを発揮するエリートには自己責任論が必須なのです。

要は、正当な自己責任には、他人の意見にも耳を傾ける傾聴と、実は二人三脚なのです。
これがあれば、決して孤独に陥ることはありません。

自己責任論を受け入れるだけで、あなたは上位10%のお金持ち成功者の仲間に入ることができるのです!

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次