人をメンターとしている人達は絶対に金持ち成功者にはなれない決定的な原因とは?

人をメンターとしているひとは、けっして不条理に立ち向かえません。

すべて自分以外の他人のせいだと他者責任をしてしまうからです。

不条理と直面した場合は、その対処を他人になすりつけてはならないのです。

では、どうすればよいのでしょうか。

不条理を扱うためのアプローチを紹介します。

目次

1. 受け入れる

まず、不条理を受け入れることが大切です。不条理は避けられないものであり、否定しようとしても無駄な苦しみを与えるだけです。不条理を受け入れることで、心に余裕を持ち、冷静に状況を判断することができるようになります。

2. 大局的に考える

不条理に直面した場合、自分自身や局所的な状況に固執せず、大局的な視点で物事を捉えることが重要です。不条理な状況や矛盾が生じた背景や原因を考えることで、冷静に対処することができます。

3. 創造的に考える

不条理に直面した場合、創造的なアプローチを試みることが有効です。従来の思考や常識にとらわれず、新しい発想や解決策を生み出すことができます。また、不条理な状況を芸術作品や文学作品として表現することで、新しい視点や価値観を発信することもできます。

不条理は天があなたに与えたテキストブックである!

不条理は、人間が抱える矛盾や限界を象徴するものであり、現代の芸術作品や文学作品でもよく取り上げられます。

不条理を経験することで、人間の認識力の限界や自己矛盾に気付くことができ、新しい視点や価値観を得ることができます。

不条理に直面した場合は、受け入れる、大局的に考える、創造的に考えることが有効です。不条理を扱うことで、人間はより成熟し、豊かな人生を送ることができるでしょう。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次