中小零細企業のほとんどは、実質ブラック企業であり、生き残るブラック企業の本質は、善良なエシカル・ブラック企業である。

「ブラック企業」とは、従業員に対して過剰な労働時間や過重労働を強いたり、労働条件が不十分であったり、違法行為が行われていたりする企業のことを指します。

ブラック企業は、労働法令や労働基準法に違反して、従業員を過剰な労働時間や過重労働にさらすことで、業績を上げようとする企業です。

具体的には、違法な残業や休日出勤、サービス残業、労働時間の適正管理が行われていなかったり、賃金や福利厚生が不十分であったり、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどが横行している場合があります。

目次

ブラック企業は経済のために必要悪なのか?

ブラック企業で働く従業員は、過剰な労働によって肉体的・精神的な負担がかかるだけでなく、健康やプライベートな時間の確保が難しくなることがあります。

また、長時間労働によって生産性が低下したり、過労による労働災害や病気のリスクが高まることがあります。

近年では、ブラック企業対策として、労働法制の改正や監督強化などが進められており、社会的にも注目されるようになってきています。

ブラック企業が否定されるのは、大企業だけである!

現実問題、ベンチャーが、今の労働基準法に合わせてマネジメントしていけば、100%倒産します。

現実には不可能なのです。

人の甘えというものは、そんなに甘くありません。

性善説により過ぎれば、100%マネジメントできないのです。

かといって、性悪説でマネジメントすれば、会社が刑務所のようになってしまって、離職者が70%以上のとんでもない超ブラック企業になってしまうでしょう。

性善説 vs 性悪説 を弁証法でアウフヘーベンしていけば?

人には、「根本的に、そして究極的に、善も悪もない!」ことを、リーダーは悟るべきです。

そして、環境次第で人はどうにでも変わる!

人の本性なんて所詮は「糞」みたいなもんだ。

「糞」も扱いようによっては「肥やし」に変わる!

しかし「糞」のまま置いとけば、衛生上環境汚染になる、、、。

これを「性糞説」といいます。

この「性糞説」に基づいてマネジメントする方法が、「善良なエシカル・ブラック企業」にふさわしいベンチャー企業の在り方なのです。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次