一般のビジネスの成功法則は経験則の公式を応用しているに過ぎない!

成功法則とは、成功を収めるための一般的な原則や戦略、方法論を指します。

成功法則には、個人的な成功やビジネスの成功、健康や幸福などの様々な分野での成功に関するものがあります。

一般的な成功法則は、成功哲学や自己啓発や、達成動機(モチベーション)で語られます。

例えば、目標を明確にすることが、成功するためには重要と必ず言われます。

成功するためには、具体的かつ明確な目標を設定することが重要で、それに伴い、計画を立てることが大切である、などというものです。

自己啓発とは、何も怪しいものではありません。

成功するためには、常に自己啓発を続けることが必要なんです。
自分自身を成長させるための勉強やトレーニング、新しいスキルの習得などが含まれます。

つまり、精進して修養を続けなさいって言うのが自己啓発です。

自己啓発を妖しくしているのは、カルト懸かった自己啓発セミナーが悪いだけです。

目次

「上手くいくと言う現象」を、物理的に解明しようという試みを法則化したもの!

行動力しなければ成功しない、ともよく言われます。

成功するためには、自分の考えを行動に移すことが大切で、計画を実行することによって、成功に近づくことができる、と本などには必ず書いてあります。

堅持力も必ず言われます。

成功するためには、困難に直面しても諦めずに取り組むことが必要だと言われます。
継続的に努力し、目標に向かって進み続けることが成功につながる、と教えられます。

とても当たり前のことなのですが、忘れたり、できない人が多いため、繰り返し語られるのでしょうね。

ポジティブシンキングの本なども多いですね。

成功するためには、ポジティブな考え方を持つことが重要というものです。

これは、ポジティブシンキングという特殊な分野ではありません。

成功するためには、自分自身に合った成功法則を見つけ、実践することが大切!


自分自身や周りの人々に対して前向きな態度を持ち、成功への自信を持ち続けることが必要だと言われる当然のことを語っているものです。

過度にポジティブな心理になることは、軽率さを生み出すので、注意も必要です。

「甘えた接し方によっては悪い方向に導く!」のが、特殊分野の疑似科学の心理学であるポジティブシンキングだと思ってください。

一般的なポジティブ心理学では、ポジティブシンキングを奨励していません。

一般的な成功法則の例ですが、親が子供に言い聞かせるようなことばかりであることに気がついてほしいものです。

他にも様々な成功法則が存在します。

経験則からくるノウハウが多いです。

オカルトの幻想世界にドップリ浸かった弱者層から這い出したければ、強者に向かって啓蒙活動をしていけ!

人って本当に弱い生き物です。
そして、ちょっとした油断が命取りになります。

その心の油断の結果がオカルト主義になってしまう事です。

この状態になってしまえば現実の事象と向き合えなくなり、自分の思い込みの世界に引き篭もってしまいます。

そうすると、お金が無くなっていくのです。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次