タブロイドのゴシップや井戸端会議の噂話こそがオカルト主義の根源なのだ!

タブロイドのゴシップとは、通常、芸能界や政界などの有名人や著名人に関する非公式でスキャンダラスな情報を含む記事や報道のことを指します。

これらの記事や報道は、しばしば真実であるかどうかが疑わしい情報を含んでいることがあります。

タブロイドは、一般に大衆向けの新聞や雑誌であり、低価格で販売されています。タブロイドのゴシップは、しばしば、スキャンダルや噂話、人気のある人々のプライベートな情報に焦点を当てています。

これらの記事は、しばしば物議を醸すことがあり、激しい批判や非難を受けることがありますが、一方で多くの人々にとって、興味深くエンターテイメント性の高いものとして受け入れられています。

更に、ゴシップとは、主に人々の私生活や、社交界、芸能界、政界などでの噂話やスキャンダル、非公式な情報を指します。

ゴシップは、真実であるかどうかが疑わしい情報であることが多く、しばしば誇張されたり、完全に捏造されたものであることがあります。

ゴシップは、噂話やスキャンダルの流布によって、人々の興味や関心を引き起こすことがあります。一方で、ゴシップは、プライバシーやプライベートな情報を侵害することがあるため、批判の的になることもあります。

しかし、一般的には、人々がエンターテインメントや娯楽のために楽しむことができるものとして受け止められています。

目次

暇を持て余して時間を潰す行為の仲間入りをしたら、生涯下流社会で生きることになる怖さ!

その原点となるものが「井戸端会議のうわさ話」です。

これは、主に地域社会で行われる、人々が集まって話をする機会で、そこで語られる噂話やスキャンダル、非公式な情報を指します。

井戸端会議という名前は、昔の日本で水を汲むために井戸の周りに人々が集まり、そこで話をすることがあったことからきています。

井戸端会議のうわさ話は、一般的に真実であるかどうかが疑わしい情報であることが多く、しばしば誇張されたり、完全に捏造されたものであることがあります。

しかし、その情報が人々の共通の関心事である場合、興味深い話題として受け止められることもあります。

一方で、その情報が個人やグループのプライバシーや名誉を侵害するものである場合、批判の的になることもあります。

ルサンチマンやダスマンやルンペンプロレタリアートが最も好む餌こそがゴシップであり、陰謀論の源である!

「貧しき者こそ幸いなり」
「現世では苦しめられている弱者こそ来世では天国に行き、現世での強者は地獄に落ちる!」

などを信じているひとはけっして幸福で自由な富裕層になれません。

「ルサンチマン」とは、フランス語で「憤慨した人」という意味を持つ言葉です。

哲学者フリードリヒ・ニーチェが用いた概念で、人が他者や社会に対して抱く怒りや敵意、憎悪、不平不満、無力感などが複雑に入り混じった感情を指します。

ニーチェによれば、ルサンチマンは自分自身の欠点や不完全さに対する焦燥感から他者や社会に対して憎悪を抱き、その憎悪によって自己嫌悪から逃れようとする傾向にあるとされます。

また、ルサンチマンは自己中心的で、他者や社会を自分の標的として攻撃することで、自分自身を満足させようとするとも解釈されます。

「ダス・マン」とは、ドイツ語で「世人」という意味の表現です。

一般に、特定の人物を指すわけではなく、一般的な人々や社会全体を指して使われる表現です。

この表現は、哲学者マルティン・ハイデッガーが用いた概念でもあります。

ハイデッガーは、「ダス・マン」という表現を、現代社会において人々が何気なく共通の習慣や価値観を受け入れ、自己を抑圧することで、本来の自己を忘れてしまう状態を表す言葉として用いました。

つまり、個々の人々が自己を表現することができない状況に陥ることを表現する概念として用いられます。

「ルンペンプロレタリアート」とは、ドイツ語で「貧しいプロレタリアート」を意味する概念で、社会主義理論やマルクス主義の用語の一つです。

一般的に、ルンペンプロレタリアートは、社会階層の中で最下位に位置する、貧しい、失業者、浮浪者、犯罪者など、社会的地位が低く経済的に疎外された人々を指します。

このグループは、労働力を持っていないために、資本主義社会においては生産手段に対する所有権を持たず、社会の支配的階級に対して何らかの力を持っていないとされています。

ルンペンプロレタリアートは、マルクス主義者の中でも意見が分かれる概念です。

一部のマルクス主義者は、このグループが革命の主体としては適していないと考える一方で、他のマルクス主義者は、彼らが資本主義社会において最も搾取されている存在であると主張しています。

そして、革命の主体として重要な役割を果たす可能性があると主張しています。

社会下層のパラノイア大衆は陰謀論によって煽動されることを好む!

現実から逃避してしまうとパラノイアになります。

「パラノイア」とは、現実的には脅威がないのに、常に自分を追いかけているような錯覚にとらわれる精神状態を指す言葉です。

つまり、自分がいつも危険にさらされていると感じるため、周囲の人々や状況に対して過度に警戒することがあります。

精神医学の分野でのパラノイアは、精神病の一種であり、幻覚や妄想、不信感などの症状がみられることがあります。

この症状が長期間続くと、社会生活や日常生活に支障をきたすことがあります。治療法としては、薬物療法や心理療法があります。

しかし、個人差があり、治療の効果にはばらつきがあるため、治療には時間がかかることがあります。

衆愚パラノイアのはけ口として、タブロイドのゴシップがあり、そこから陰謀論など様々なオカルト傾向の情報が生まれ、最悪はカルト思想にハマってしまいます。

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次